2018.03.16

大人の趣味の為のライフスタイルマガジン「IN THE LIFE(イン・ザ・ライフ)」

日本バーベキュー協会が提唱する 「スマートバーベキュー」実践の心構え

「 バーベ9則」

スマートBBQは、欧米のパーティ文化と日本のおもてなし文化の融合と考えています。 そのおもてなしの日本の文化である「茶の湯の心得」を 茶聖千利休が弟子に分かりやすく解いたものが「利休七則」。 これを元にしてスマートBBQの為のバーベ9則を作成しました。 ちなみに利休七則とは、一、茶は服のよきように点て 二、炭は湯のわくように置き 三、花は野の花のように生け 四、冬は暖かに夏は涼しく 五、刻限は早めに 六、降らずとも雨の用意 七、相客に心せよ、となっています。

解説

1.下調べ

BBQ時に注意すべき心得。場所、特産物、必要な道具、子供の安全、参加者の年齢層や性別の割合を事前に把握しておくことが大切です。

2.準備はお家で

日本のBBQ の最大の問題はゴミや炭の燃えカスの不法投棄。「ゴミを持っていかない」ことを前提に、食材も下ごしらえしておけば、楽しく食べられ、遊ぶ時間も増やせます。

3.降らずとも雨の用意

この言葉は利休七則にそのままあります。BBQ も基本は青空の下。事前に雨天や強風などの荒天時の予想や準備をしておくことは心の余裕に繋がります。

4.焼ける前に一品

人はお腹が空いているとイライラしてしまうもの。パーティの前菜で出すようなツマミを先に出し、小腹に入れてもらうと人は落ち着きます。このような小さな
心配りが場を和ませるのです。

5.食べ物を炭にするべからず

正しい焼き方を身につけるということは、食べ物を粗末にしないということにも繋がります。チャコールレイアウトを使い分け、温度管理を徹底すれば焼き過ぎ
を防ぎ、食べ物を無駄にすることはありません。

6.子供相客に心せよ

相客とは共にBBQ を楽しむメンバーのことです。子供達も食べるだけでなく、「仕事」を与えることで、他人の役に立つ喜びを感じてもらうことが大切です。

7、飲んだら運転しない

BBQ ではアルコール飲料をたしなむ事が多いです。飲んだら運転しないことは当たり前です。またBBQが楽しいからといって飲みすぎにも注意が必要です。

8、ごみ、炭は埋めない捨てない

海岸や河川敷にごみや使い終わった炭を埋める行為が行われています。炭は火消し壺で消し炭にすれば、炭捨て場があるところでは捨てていけます。

9、来た時よりも美しく

BBQ を楽しむ人達がみんなで美しいBBQ スペースを守ることにより、気持ちの良いBBQ ライフを過ごすことができます。ごみは捨てない、人のごみも拾う、
この行為がその場を守るのです。

NEWS of BBQマガジン

ARCHIVES


RANKING


POPULAR TAG

NEWS


SEARCH