2018.04.06

大人の趣味の為のライフスタイルマガジン「IN THE LIFE(イン・ザ・ライフ)」

四駆キャンプの祭典、OVERLAND EXPOでイケてる4×4をハント!

アメリカと言えばキャンピングカー天国。だけど、悪路も走れてルーフにはテント載っけたり、快適な旅を満喫できる4x4も人気。ここでは、アメリカを代表するオフ車イベントに潜入して、イケてるキャンパーを取材した。

目的地よりも、その道中に楽しみを見出す!!

  昨今アメリカやヨーロッパで注目されている”オーバーランディング”とは、目的地よりもその道中と帰路の移動に楽しみを見出し、何にも縛られずに冒険をするワイルドな旅のスタイル。クルマにキャンプ道具を積載して長距離を移動し、車中泊、テント泊をしながら過ごして、時には数ヶ月から数年も時間を費やす。オーバーランダーと呼ばれる彼らは、時に舗装道を外れて悪路を移動するため、エアーストリームなどのキャンパーを率いるのでなく、クリアランスが確保されている4×4やトラック、ダートバイクを駆るのだ。最近ではオーバーランド用に車両を改造する人たちが増えており、カスタムメーカーからは様々なパーツが続々リリースされている。

 毎年5月にアリゾナ州フラッグスタッフで開催される「OVERLANDEXPO 」は、オフロード系パーツや車を一挙に集めたオーバーランダー達の祭典。巨大な会場内では、パーツの展示販売をはじめ、ライディングのスキル講座やベテランオーバーランダーによる講演、メーカーのレクチャーなどが3日間にわたって行われた。アメリカ各地から訪れたオーバーランダー達は、自慢の愛車共にキャンプをしながらBBQを楽しみ、情報を交換しあったのだ。会場には不動の人気を誇るランドローバーをはじめ、タコマやハイラックス、ランクルなどのトヨタ車、デカいアメ車、マニアックなインターナショナル・スカウトなど、思い思いの4×4が参加。今回は大いに盛り上がった同イベントで見かけたカッコイイ車をご紹介しよう。

キャメルトロフィー使用のディフェンダーは、他にも数台集まっていた。

広大な会場ではライディングのレクチャークラスも行われる。普段何げなく乗っている愛車のポテンシャルを引き出せる機会でもある。

アイオワのNew Legendが販売している、スカウトのリ プロダクション。ライトやカラーリングがカワイイ!

荷台に大きなシェルターを装着したトラック。キャンピン グカーというよりはサイズも価格も、もはや家。

アウトドアモチーフのアパレルメーカーも出店。キュートな店員さんに釘づけだ。

オーストリア製のミリタリービークル、ピンツガウアー。 '71〜'00年まで生産されていた車で、アメリカでもレア。

車両全体をリアルツリーカモで覆ったヤマハ製のバイク。1メートルほどもあるダンパー付きのキャリアを引っ張り、クーラーボックスやキャンプギアを積載。

NEWS of HUNT

ARCHIVES

RANKING

POPULAR TAG

NEWS

SEARCH