2018.01.05

大人の趣味の為のライフスタイルマガジン「IN THE LIFE(イン・ザ・ライフ)」

数百台のFIAT500がイタリアの田舎道をツーリング

並んで走るFIAT500は、ほぼすべてがキャン バストップを開け放ち、窓も開けて腕を車外 に出しながら陽気にドライブを楽しんでおり、 カメラを向けるとみな笑顔を向けてくれる

FIAT 500を見るだけでなぜかみんな笑顔になる

 第33回、MEETING INTERNAZIONALE FIAT 500に集まった約400台のFIAT500は、お昼過ぎから海へ向かって走った。海辺に並んでいるFIAT500のなんと可愛いこと!

 夜はヴィッラフランカ広場で夕食が用意された。地元の人たちが美味しい地元料理を披露。皆、生き生きとしてお客さんと話していた。日本で言えば、さながら盆踊り大会的な雰囲気。年に一度、親戚と集うように、世界中のFIAT500ファンと地元の人々が旧交を温めあう。

 2日目はメインのグランドツアーで、約1 0 0 k m の道のりをFIAT500で走り回る。企画したのはこの辺りの“食文化”を熟知しているサンドロさんで、知る人ぞ知る田舎を探訪するコアなツーリングだ。休憩で立ち寄ったCAPRAUNA(カブの産地で有名)やVESSALICO (にんにくの産地で有名で“257年目”のにんにく祭りの日だった)は、今やなかなか出会うことのできない懐かしい風景を残していた。

 その日の夜はちょうどサッカーの欧州選手権の準々決勝。イタリアが戦うとわかってから急遽スケジュールが変更され、広場に大きな画面が設置された。さすがはイタリア、サッカーの動向によって人々のスケジュールも変わるのだ。

 当日は1000人ほどが集まって観戦したが、残念ながらイタリアは敗北。すでに12時を回っていたが、その悲しみを癒すように一部の参加者はFIAT500で近くの海へ直行していった。
 そして最終日。FIAT500の参加台数は1000台近くに膨らんでいた。期間中はさまざまなイベントが企画され、参加は自由。それゆえ自分のペースで参加できるのだ。

。同 一車種のミーティングというと、年式やグレー ドによる価値の差が見えざるヒエラルキーに なっていることもあるが、FIAT500にはそれ がまったく感じられない。クルマの利便性を 平等に提供したFIAT500だからこそ、なのか。

イタリアでもルパン三世の人気は高く、黄色いFIAT500はその象徴として愛されて いる。ちな みに、日本人は珍しく、会場に行くと子供 たちから「ジャポネ、ジャポネ!」といわれる。

ただでさえ珍しいワゴンボディのジャルディニエラなのに、特徴的なグリルやキャンバストップを持つから注目度抜群。内部の荷物フックやハンドルまで、じつは当時販売されていたオプションパーツだったということ。

山の頂上にて一休み。ここでランチをしてナビゲーターはビールを飲んで?? またツーリングに出発。

NEWS of VINTAGE LIFE

ARCHIVES

RANKING

POPULAR TAG

NEWS

SEARCH