2018.04.13

大人の趣味の為のライフスタイルマガジン「IN THE LIFE(イン・ザ・ライフ)」

PF型 〜残された末裔たちにブルトレの面影を求めて〜 野 村 哲 真

●249 頁上:’17.7. 23 品川 Nikon D5 AF-S NIKKOR 85mm f /1.4G 1/250秒 f1.6 ISO4000

ブルートレイン。 ほぼ死語になりつつある、この言葉。 夜行列車でも、青色を纏う車輌はなくなった今日。 そして、最後に残された青色塗色の機関車たち。 「なんだ、また青PFかよ!」 スーパーエクスプレスレインボー専用機、1118 号機がいた当時、それ以外のPFは「外れ」と言われていた。 衰退期ではあったがまだまだ運用も多く、紅一点の1118号機を追い求めていた少年時代。 大阪行き寝台急行〈銀河〉の運用に入れば、それはそれは盛り上がりをみせた。

ブルートレイン。
ほぼ死語になりつつある、この言葉。
夜行列車でも、青色を纏う車輌はなくなった今日。
そして、最後に残された青色塗色の機関車たち。

「なんだ、また青PFかよ!」
スーパーエクスプレスレインボー専用機、1118 号機がいた当時、
それ以外のPFは「外れ」と言われていた。
衰退期ではあったがまだまだ運用も多く、紅一点の1118号機を追い求めていた少年時代。
大阪行き寝台急行〈銀河〉の運用に入れば、それはそれは盛り上がりをみせた。

時は流れ、1118 号機は故障が原因で先にいなくなり、あれだけ見かけた寝台車たちもいつしか消え去った。
それでも青色PF たちは残された。毎日のように、今宵も走り続けている。

これは昔から思っていたが、田端の機関車たちはいつでも綺麗な姿を保っていた。
ロクイチしかり、EF81 しかり、臨時運用だけになった今でも丁寧に整備が行われている。
都心のネオンが美しく洗われた機体に反射する、そんな光景が眩しく見える。
外れと言っていた、かつての自分が恥ずかしい。
あの頃を撮り返すように、そして今の感性、機材でどこまで切り撮れるか。
暇を見つけては繰り出す日

撮影、文/野 村 哲 真

●250 頁左下:’17.6. 21 新宿 Nikon D5 AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR Ⅱ 1/80秒 f 2.8 ISO1250

今日、あれほど沢山いた青い客車たちはほぼ全滅し、牽くものは貨車しかいなくなってしまったが、
それでも凛々しく走る青い車体には、栄光のブルトレ牽引機の矜持が垣間見える。

「今宵も煌く月光を背に受けて、闇夜を彩る華となる」
さあ、今宵も繰り出そう—— 。

●254 頁:’17.7.13 大崎—恵比寿 Nikon D5 AF-S NIKKOR 50mm f /1.8G 1/40秒 f2.2 ISO6400

●249 頁下:’13.7. 2 東京 Nikon D800 AF-S NIKKOR 28mm f /1.8 G 1/50秒 f 2 ISO2000

NEWS of IN THE LIFE

ARCHIVES

RANKING

POPULAR TAG

NEWS

  • IN THE LIFE
  • IN THE LIFE
  • PF型 〜残された末裔たちにブルトレの面影を求めて〜 野 村 哲 真
SEARCH