2018.04.26

大人の趣味の為のライフスタイルマガジン「IN THE LIFE(イン・ザ・ライフ)」

イギリス車に昂る!

イギリス車は人をワクワクさせるツボを知っている。運転する楽しさ、いじる楽しさ、所有する満足感……。他では決して味わうことの出来ない濃さで、クルマ好きの欲求を満たしてくれるのである。さあイギリス車と共に昂ぶろうはないか!

"SS"のネーミングが復活!

ケータハム 次の一手はコレできた!

2016年、セブン生誕60周年を記念して発表された限定モデルのスプリントは、クラシカルなルックスが受けてアッという間に完売。2016年に引き続き、ケータハムは2017年もクラシカルな限定モデルを発表した。

CATERHAM SEVEN SUPER SPRINT

ルックスだけでなく走りにも期待!

 2016年グッドウッド・リバイバルの会場で発表された「セブン・スプリント」は、セブン生誕60周年を記念した限定モデルだった。ここ最近のラインナップではすっかり見かけることがなくなった、クラムシェルフェンダーを採用したクラシカルなテイストが受けて、限定60台はアッという間に完売してしまった。

 その会場でケータハムのマクドナルドCEOにインタビューした時、ニューモデル追加の予定はなく、今後しばらくは生産方法の見直しやクオリティ・コントロールに力を入れると答えていた。その方針は2017年も変わってない。しかし、スプリントのあまりの反応の良さに、「2018年もスタッフはきっと限定モデルを企画するはずだよ」とも言っていた。

 それが2017年のグッドウッド・リバイバルで発表された「セブン・スーパースプリント」だった。セブン160をベースに、サイクルフェンダーにレーシングスクリーンを採用したスポーティなルックス。ゼッケンサークルやステッカーなど、カフェレーサー風な仕上がりがカッコイイ。グリルの形状やミラーなども変更され、細かなディテールに至るまで妥協はない。そして、懐かしいSS(スーパースプリント)というネーミングが復活したのも、往年のファンには嬉しい出来事となった。

SSのインパネにはカットオフスイッチが追加された。見た目だけの演出ではなく、操作系にもこだわったのだった。

 今回はエクステリアだけに留まらず、走りの部分にまで手を加えている。エンジンのパワーが、80PSから95PSまで高められているのだ。エンジン本体には手を加えず、ECUによるブーストコントロールでここまでパワーアップすることに成功したという。

 実は2016年のK4GPで走らせたセブン160にも、このECUが装着されていて、僕はそのフィーリングを味わっていた。今回スーパースプリントの試乗は諸事情により叶わなかったけれど、K4GPで乗った160改は扱いにくくなることなくパワフルで乗りやすかったことを覚えている。ギア比は変更されておらず、ローギアな設定のままなのは少々残念ではあるが……。

 そして、もう一つ変更されたのがリアのサスペンションだ。リジッドの形式こそ変わらないものの、これまで装着されていたラテラルロッドが外され、Aアームが直接デフへマウントされるようになった。横方向の動きを抑制し、よりスムーズな動きを実現している。見た目だけの変化に留まらず、それに伴う走りへと進化させているのは、ケータハムの走りに対するこだわりだ。

クローム系のパーツを採用するなど、クラシカルながら安っぽく見えない演出も取り入れられている。

 インテリアはタンカラーでまとめられ、スミスのメーターやモトリタのウッドステアリングが、クラシカルかつ落ち着いた雰囲気としている。さらにカットオフスイッチが追加され、見た目だけでなく操作系においても、ちょっとした演出を取り入れている。

 気になる日本での価格は、500万円台後半になると予想する。欧州では今回も瞬時に売れてしまったそうなので、日本への台数は未確定だが、恐らく60台程度は確保するのではないだろうか。どうやら近いうちには日本で見られるかもしれないという情報もある。走りも含めて楽しみに待とうではないか。

ボディカラーは写真のライトグリーンの他、ネイビー/シルバー/ホワイト/ダークグリーン/レッドの全6色を設定。各色にサーキットの名前が採用され、ノーズの先端にカラーが施される。

ケータハムの聖地を訪れる2017

4年振りにダートフォードにあるケータハム本社を訪れた。前回来た時はライン方式の生産方法だったのに対し、現在は一人のスタッフが一台を最初から最後まで組み上げていく方法へと転換。新たな生産方法を見に行った。

 2014年に初めてケータハムの本社を訪れた時、素朴な雰囲気とこじんまりした工場に驚いた。当時は各担当が決まった作業をして、次の作業へと送り出すライン方式を採用していた。しかし、現在は生産クオリティをより高いレベルへと引き上げるべく、一人のスタッフが最初から最後まで、全ての行程を担当する方式へと変わった。こうすることで、各担当のクルマに対する思い入れが向上して、より良いクルマへ仕上がるようになったという。組み上がったクルマには、担当者の名前が入ったプレートが貼られるようになったのも新しい変化だ。

 セブンが完成に至るまで要する時間はおよそ28時間。これはあくまで組み立てに掛かる時間で、この他にシャシーの溶接やパワートレーン系の組み付けを含めたら、もっともっと掛かってしまう。今も昔もケータハムの年間生産台数は500台程度がマックス。だから今は多くのバックオーダーを抱え、工場は組み立て途中のクルマで溢れている。

 生産方法は変わったものの、生産する場所もスペースも変わらないことにかえって安心する。闇雲に拡大路線に走ることなく、しっかり地に足の着いた経営がなされているからだ。このまま変わらないでいてほしい。

Re-BORN TVR

名門スポーツカーブランドが復活!

かねてより復活の噂が絶えなかったTVR。2017年に開催されたグッドウッド・リバイバルの会場で、華々しくニューモデルが発表された。ローンチ・エディションの500台は、瞬時に予約で埋まったという。

TVR GRIFFITH

 1947年にトレバー・ウィルキンソンが創業した、イギリスのスポーツカーメーカーTVR。その変遷を振り返ると、多くの苦難を乗り越えながらも、TVRはスポーツカーブランドとして確固たる地位を確立していった。1990年代には自社製エンジンを開発するまでに至り、グリフィスやキミーラ、タスカン、タモーラといった個性的なモデルを続々とラインナップ。日本での知名度も一気に上がった。

 しかし、その繁栄も長くは続かず、2004年にTVRはロシア人オーナーに買収され、そこから急速にその勢いは衰えていった。翌年こそサガリスを発表したものの、2006年で操業は停止。その後復活を試みるも、結局それは叶うことなくTVRは事実上終焉を迎えたかに見えた。

 しばらく休眠状態にあったTVRのブランドを復活させる計画は、数年前からイギリス国内でも囁かれていた。しかし、その実像はなかなか見えてこなかった。そして、今年のグッドウッド・リバイバルで、新生TVRは高らかに復活を宣言し、同時にニューモデルとなるグリフィスを公開した。パドック内にあるモーターショーブースには、新型グリフィスを囲むように、これまでのTVRのクルマも展示された。

 TVRが復活に至るまでは、レス・エドガー氏を中心とする11人の投資家(現在は14人らしい)が、ロシア人のオーナーから権利を買い取るところからスタートしたという。その説明をしてくれたのは、TVRのCOOへ就任したジョン・チェイシーさん。彼によれば、ブランドを再びイギリスへと戻した後は、次に新しいクルマを掲げての復活へと着手。出資者達はクルマのエンジニアではないので、そこでゴードン・マーレーへデザインとエンジニアリングを依頼することにした。およそ4年前のことだったという。出資者側とゴードン・マーレーが描く新生TVRのニューモデルは、スムーズに計画が進んでいったという。

エンジンはフォードの5リッターV8。コスワースがチューニングを担当し、500PS以上のスペックを目標とする。フロントミドに搭載され、理想の前後バランスを実現させている。

 そして、今回発表された新生グリフィスへと繋がる。ロングノーズ・ショートデッキという、伝統的なスポーツカーのスタイルやFRレイアウトなど、これまでのTVRのDNAをしっかりと受け継いでいる。サイズは全長が約4,300㎜、全幅1,850㎜、全高1,240㎜と、ポルシェ911と同クラス。シャシーそのもので空力を考えて設計しているので、余計な付加物は付いておらず、全体的にスッキリとしたデザインも特徴だ。実際に目の当たりにしても、威圧感のようなものはなく、もう少し特徴があってもいいのではないかという感じすら受けた。

前後異サイズのエイボン製タイヤを装着。AP製のキャリパーなど、イギリス系サプライヤーを積極的に採用している。

 シャシーは2015年の東京モーターショーで、ヤマハとゴードン・マーレーがコラボして発表した「iストリーム」と呼ばれるカーボンコンポジットとパイプフレームを組み合わせた、軽量かつ高剛性なシャシーを採用する。車両重量は1,250㎏以下を目標とし、パワートレーンはフォードV8の5リッターエンジンをコスワースがチューニングする。

 1トンあたり400PS以上というから、500PS以上は発生することになる。トランスミッションは6速のマニュアルのみの設定だそうだが、このクルマでレースマシンを作るので必然的にパドルシフトも作ることになるだろうと言っていた。ゴードン・マーレーも、自ら設計したマシンで再びル・マン24時間へ参戦したいそうで、それはTVR側も視野に入れているという。

 室内は余計な装飾を施さず、スッキリとしたデザインで仕立てられていた。まだ確定ではないにしろ、全体のパッケージはかなり完成度が高かったので、それほど大幅な変更はないだろう。

 このシャシーを利用して、向こう10年間までのビジネスプランは決まっているという。ウェールズには新しい工場が建設され、年間500台が生産される予定だ。2019年にオーナーの手元へと渡されるべく、現在は着々とその準備が進められている。そして、新しいクルマの販売だけではなく、これまで作られたTVRのクルマのリペアやレストアなどを行う、ヘリテイジサービスもスタートする。TVRの本格的な復活に、期待は高まるばかりなのであった。

室内はシンプルなデザイン。バックスキンやレザーなど素材の使い方、細部のディテールへのこだわりがイギリス車らしい雰囲気を醸し出す。

LOTUS FACTORY TOUR 2017

今も昔も全てがハンドメイド

ここ最近のロータスといえば、日本国内ではラインナップの変更に伴うニューモデルの投入を発表。本国では株主が変わるという大きな変化もあったが、現地はいつもと変わらぬ雰囲気だった。

 2016年に引き続き、今年もノーリッジにあるロータス本社を訪問した。この一年で変わったことといえば、ロータスの株式の51%がDRBハイコムから中国のジーリへ売却され、同社の傘下となったこと。本社の入口には中国の国旗が掲げられていたことくらいが見た目の変化で、それ以外は2016年から何も変わっていない。今後体制はいろいろと変わるようだが、ボルボがそうであるように、ロータスもより良い方向へと進んで欲しいと願う。そして、本社スタッフも今のところ、急だった動きはないと言っていた。

 さて、今回は2016年見学することが出来なかった、内装部門の工場をレポートしたい。ほぼほぼハンドメイドで作られるロータス。内装もまた手作業だった。工場は2階建てとなっており、1階は倉庫とカッティングのマシーンが置かれていた。大きな布や革などのマテリアルを、それぞれのパーツに合わせて無駄なく自動的にカットしていく。カットされた素材は2階へと運ばれる。2階は縫製や貼り付けなどが行われる場所で、インパネなどの内装の他、シートやステアリングなどもここで作業が行われている。エヴォーラに装着されるスパルコのシートのみイタリア製だが、それ以外全ての車種のシートと内装はここで作られている。

 縫製担当の女性が縫う作業を見せてくれたが、作業スピードの早さと仕上がりの綺麗さに驚いた。まさに職人技だった。こうして一人一人が丹精に作り上げていくロータス。その姿を見たら欲しくなるし、オーナーであればさらに思い入れが強くなるはずだ。

2階部分の作業スペースは広々としている。ここではドアトリムやコンソールなどのパーツを製作。樹脂のパーツに布や革などを貼っていくが、曲面があるので大変そう。

GOODWOOD

グッドウッド・リバイバルで 1960年代にタイムスリップ!

1998年に始まって以来、世界中に影響を与え続けている"究極のヒストリックカー・レース"グッドウッド・リバイバル・ミーティングが2017年も9月8〜10日に開催された。

 個人的に毎年9月に開催されるグッドウッド・リバイバル・ミーティングを"究極のヒストリックカー・レース"と評するのには理由がある。コンペティションという側面から見ても、エンターテイメントとしての側面から見ても、間違いなく世界最高の内容と規模を誇るイベントといえるからだ。

 その舞台は、現領主であるマーチ卿の祖父、リッチモンド公が48年に所有する空港の周遊路を利用して開設したグッドウッド・サーキットである。

 60年代には英国最大のスポーツカー・レース、RACトゥーリスト・トロフィーや、F1の非選手権が開かれるなど、英国でも有数のサーキットとして知られていたのだが、66年に安全性と騒音問題を理由に閉鎖。以来、90年代にレストア(!)されるまで放置されただけあって、コースレイアウトやコントロールタワーなどの施設は基本的に当時のままという、ヒストリックカー・レースを行うにあたって最高の環境が整っているのである!

 しかも彼らがすごいのは、その環境を最大限に生かすためにレースウィークの間、サーキット全体を67年以前の世界に完全に染め上げてしまうことだ。

 例えばセーフティカー(今年はフェラーリ330GTCとジャガー・マーク1!)を始めとするオフィシャルカーもヒストリック。さらに場内に設置されるショップや屋台はもちろん、ポルシェやロールス・ロイスなどメーカーのブースも60sスタイルに統一されるという拘りぶりなのである。

 だからこそ、エントラントやスタッフはもちろん、メディアや観客までが60sファッションで来場することを"強く推奨"されている。つまりリバイバルにおいては観客も、ただの"お客さん"ではなく、イベントの雰囲気を盛り上げる重要な“役者”なのである。

 もちろん参加しているマシンも超一流で、今回は27年式のメルセデス・ベンツ710SSKから68年式のフォードGT40まで、レースカテゴリーだけでも2輪、4輪合わせて400台以上がエントリー。

 中でもメインレースのひとつである、63年から64年までのGTカーのみを対象とした60分のセミ耐久レース"RAC TTセレブレーション”には、8台のACコブラ、8台のジャガーEタイプ、2台のフェラーリ250LM、さらに250GTO/64など30台以上が出場。それだけでも他では中々見られない顔ぶれなのに、全開で各コーナーをドリフトしながら、文字通りのドッグファイトを繰り広げるのだから、その凄さのほどがお分かりいただけると思う。

 加えて、現役のBTCCレーサーから、ヨッヘン・マス、トム・クリステンセンなどのレジェンドドライバーがゲストとして大挙来場。50年代のツーリングカーによるセント・メアリーズ・トロフィーで、BTCC並みの"寸止めバトル"を披露してくれるのだ。

 ちなみにセント・メアリーズに限らず全レースのダイジェストはYouTubeの公式チャンネルで公開中。一度見たら絶対に行きたくなるはずだ!

生誕60周年を記念して150台近くのFIAT500ファミリーが集結! みんなノリノリで大騒ぎ!!

スタンド席裏側にも並べられたフィアット500は、イギリスでも大人気。そこだけイタリアンな雰囲気。

Nortonはお城が会社だった!

イギリスの名門バイクブランドを訪れる

イギリスの名門モーターサイクルブランド「ノートン」。本社と工場はドニントンサーキットに隣接するお城の中にあった。古くて新しいノートンを紹介しよう。

Norton

ノートン本社にある立派なお城。お城は一部のみ使われている。

 ロンドンから北へクルマで2時間半、プレミアム・スポーツバイクメーカーの「ノートン」本社は、ドニントン・パーク・サーキットのすぐ近くにあった。1898年に設立されたノートンは、100年以上に及ぶ歴史のあるブランドだ。しかし、ノートンもまた、ここまで順風満帆に来たのではなく、他のイギリス系自動車メーカー同様、幾多もの紆余曲折を経て現在に至っている。今回は本社そして敷地内にある工場を見学させてもらった。

 現在ノートンがラインナップするのは「ドミネーター」「コマンド961カフェレーサー・マークⅡ」「コマンド961スポーツ・マークⅡ」の3モデル。エンジンは全車共に961㏄の空冷2気筒OHVを搭載する。最新のテクノロジーと、オーセンティックなデザインを組み合わせたスポーツバイクだ。そして、工場内にはそれらとは雰囲気が全く異なる最新モデル「V4RR」が展示されていた。モトGPマシンのような、今風のスポーツモデルだ。1200㏄のV4エンジンは、200PSオーバーと超弩級のスペックを有する。間もなくリリースされるそう。

 ノートン本社の敷地は広大だった。何より凄いのは由緒正しきお城のある場所に会社があることだろう。ノートンの年間生産台数は500台程度というが、同じ生産台数規模のケータハムとは雲泥の差があった。敷地内には大きなオフィスと工場が同居し、エンジンブロックなどの鋳造部品、ブレーキやサスペンションといったパーツ以外は、ほぼ全てがここで作られている。最新の金属切削加工マシンがある一方で、フレームやタンク、マフラーといったパーツは、一つ一つハンドメイドされている。例えばガソリンタンクは、とても綺麗な造形を描いているが、実は4分割されたパーツを組み合わせている。これを綺麗に作るのは、まさに職人技だ。

 ノートンはメイド・イン・イングランドにこだわり、ドミネーターの約83%はイギリス製のパーツを使用しているそうだ。その歴史あるブランドを大切にしながらも、新しいものに対しても積極的にチャレンジしている。ノートンの今後の展開が楽しみだ。

そこはクルマ好きの遊園地!

ドニントン・パーク・サーキットを訪れる

ドニントン・パークはイギリスを代表する歴史のあるサーキット。毎週末には何かしらのイベントが開催されているという。たまたま訪れた土曜日は、ローカルレースのイベントが開催されていた。

DONINGTON PARK CIRCUIT

 ノートンの本社からクルマで約15分走ったのどかな田園風景が広がる場所に、ドニントン・パーク・サーキットはある。1931年に完成した歴史のあるサーキットで、きっとその名前くらいは聞いたことがあるだろう。「パーク」の名前がつくようにその一帯は広い公園のような感じで、敷地はとても広く緑に囲まれている。サーキットの他にミュージアムが併設されていることも有名だ。

 今回訪れたのはレースやイベントの取材が目的ではなく、たまたま近くにいたので寄っただけ。しかし、当日は偶然にもローカルレースが開催されていて、パドックには様々なレースマシンが並んでいた。このイベントの主催はクラシック・スポーツカー・クラブという団体だったが、グッドウッド・リバイバルが行われていたこともあって、メインはヤングタイマー世代が中心で、ヒストリックカーの姿は少なかった。ジャガーによるレースが行われていて、かつてグループAで活躍したジャガーXJSのレース仕様車が並んでいた。

 当時のグループAマシンではなく各オーナーが作ったもので、カラーリングこそこだわっているものの手作り感のある素朴なマシンだった。ここに来ている人の多くは、トレーラーにマシンを積んで引っ張ってくるスタイル。テントを広げて友人や家族と一緒に楽しんでいる姿が印象的だった。レースのレギュレーションは良く分からなかったものの、パドックで待機するクルマはバラエティに富んでいてユニーク。エリーゼや206、インテグラやセブンにアトムといろいろ。カメラを向けると気さくに撮影に応じてくれて、自慢げに話してくれる方もいた。

 そして、ドニントンのもう一つの見どころが「グランプリ・コレクション」だ。レースマシンが多く展示されているだけでなく、何故かミリタリーコレクションが充実。館内のスタッフに聞くと、ミリタリー系はオーナーの趣向で、これでもほんの一部らしい。マニアックな展示がある一方で、マクラーレンやウィリアムズといった歴代F1マシンが多数並ぶなど、予想以上に充実したラインナップだった。

 ここまで来たからにはコースも走ってみたかったが、当然それは叶わず。でもパドックにあるケータハムのディーラーでは、「ブック・ア・トラック」といって、マシンのレンタルやスクールなども行われている。開催は毎日ではないので事前に調べる必要はあるが、走ってみたい方は問い合わせして欲しい。次回は是非コースを走ってみたい。

気さくに取材に応じてくれたドライバーさん。このレースの常連で、自分でマシンを作ってメンテして、トレーラーで運んで楽しんでいるという。ここにいる多くのエントラントが、そういったスタイルでサンデーレースを楽しんでいるようだ。

日本では見ることのないジャガーXJSのレーシングマシン。現地では入手しやすく価格が手頃なのかもしれない。出ている方はほぼオジサンばかり。

NEWS of Tipo

ARCHIVES

RANKING

POPULAR TAG

NEWS

SEARCH