2018.01.05

大人の趣味の為のライフスタイルマガジン「IN THE LIFE(イン・ザ・ライフ)」

クルマのデザインと歴史にこだわった、コンクールデレガンス

丘の上に建つ華麗な屋敷、VILLA LA MALPENGA。広大な庭園はイタリアはビエラ県のシンボルとなっている。

素晴らしいロケーションで、息を飲むほど美しいクルマを審査するコンクールデレガンスに、新しいイベントCONCORSO D'ELLEGANZA VILLA LA MALPENGAが加わった。 マルペンガで初めて開催されたコンクールは、一人のデザイナーのつぶやきからはじまった。

 トリノとミラノの中間地点、Vigliano Biellese(ヴィリアーノ ビィエレーゼ)で第一回 VILLA LA MALPENGA(ヴィッラ・ラ・マルペンガ)コンクールデレガンスが行われた。この辺りビエッラ県は、1800年代から続く織物産業地として有名で、世界的なファッションブランド、ゼニアやローロピアナがこの地域から誕生していることでも知られる。そんな地域から、カーデザイナーや、クルマのヒストリーにこだわった、新しいコンクールデレガンスが開催された。

 VILLA LA MALPENGAは、アルドがいうようにエレガントで歴史が感じられるお屋敷である。現在の姿になったのは1861年、それ以前は15世紀頃マルペンガ家が有する広大な農園と2つの屋敷があったそうだ。丘の上に建つ華麗な屋敷、そして広大な庭園はビエラ県のシンボルとなっている。

 この地域には自動車産業があるわけではない、しかしどういうわけかクルマとの深い歴史があり、織物産業だけではなく、戦前からこの地域でヒルクライムが盛んに行われるとともに、1 9 3 4 年、1935年には街中でグランプリレースが開催されていたという。両年とも優勝者タツィオ・ヌボラーリ(ALFAROMEO)と記載されている。1930年代にレースを企画してしまうほど、このあたりはモータースポーツが盛んだったというわけだ。当時は織物産業がうなぎのぼりの勢いだったというから潤沢な資金も集まったのだろう。そして、そのラリーのいくつかは、現在でも続いている。

 また、レーサーで活躍したウンベルト・マリオーリ、クラウディオ・マリオーリ兄弟はここビエラ出身。兄のウンベルトはF1レーサー、クラウディオはチューニングメーカーとしても有名で、ランチア・ストラトスの世界では彼のチューニングが最高とされている。

 そのほか、生地の世界で有名なゼニアはランチアと深いつながりがあり、戦前、戦後を通してアプリリア、アウレリア、フラミニア、フルヴィア、フラビア、ガンマクーペなど高級ラインの車種の内装にはいつもゼニアの生地を使用していた。

 そしてこの地にはクルマをこよなく愛す著名なコレクターが何人もいる。クラブイタリアメンバーの実業家、グイド・アヴァンデーロ、ジャーナリストのサルヴェンティ、実業家のブラッティ、キエーザ、デルピアーノなどなど。今回のイベントは彼ら地元のコレクターが全面協力体制のもとではじまったのだ。クルマを愛す人たちは、やはり太っ腹で、成功させるために惜しみない協力を続け、そのまわりには彼らの姿勢に心を動かしたスポンサーの方々も集まったのである。

 さて、第一回C O N C O R S OD'ELEGANZA VILLA LAMALPENGAには、31台の貴重なクルマが集まりカテゴリーは4つに分けられた。それぞれのカテゴリーと今回の優勝車は1/LOSTILE IMPONE (優勝 AlfaRomeo 6C 2500 Convertible1 9 3 9 ) 。 2 / I LCONSOLIDAMENTO DEICANONI ESTETICI(優勝Maserati A6 GCS Berlinetta1953 )。 3/SI AFFERMA L'ELEGANZA(優勝 Mercedes300SL Gullwing 1956 ) 。4/VERSO IL MODERNO(優勝 Dino 246 GT 1972 )そして、第一回ベストオブショーは1972 DINO 246 GT PININFARINAとなった。

1964 Ferrari 275 GTB 初代オーナーはアメリカ。1987年にレストアのためイタリアに戻り、その後、日本に売却されたのち2008年にイタリアに 戻った個体。2014年、トリノのコンクールデレガンスに出場。ビニンファリーナによる美しいデザイン。

審査員は左からジュリアーノ・シッリ、アルド・ブロヴァローネ、パオロ・マルティン、ディエゴ・オッティーナ、トム・チャーダ。

1936 Lancia Astura Cabriolet 3 serie Stabilimenti Farina 当時アメリカで購入され、90 年代にシシリアでレストア。2014にConcorso d'Eleganza di Torino 、2015 年に Concorso d'Eleganza Villa d'Este 、2015年Concorso Stelle sul Listonに参加。

1951 Porsche 356 Heuer cabriolet Glaser Porsce 356 Glaserは1950から1951年にかけて100台生産され、現存するのは約15台。2014年、Fiera di Padova においてBest of Showを受賞したクルマである。

NEWS of VINTAGE LIFE

ARCHIVES

RANKING

POPULAR TAG

NEWS

SEARCH