2018.01.12

大人の趣味の為のライフスタイルマガジン「IN THE LIFE(イン・ザ・ライフ)」

沖縄のねこ ライブハウス「Gitane」のねこ

自らお客さまの元へ挨拶に行くほど、人懐っこい性格のケンゴくん。

沖縄市は“基地の町”といわれる一方で、“音楽の町”ともいわれており、商店街には楽器店やライブハウスなどが数多くあります。2010年にオープンしたパークアベニュー通りにある『Gitane(ジターヌ)』もシャンソン・ライブハウス。このライブハウスには、ウェズちゃん、ケンゴくん、トロちゃんと名づけられたかわいい看板ねこたちがいます。

心地よい音楽に耳を傾け、ねこに癒される

アコースティックギターやピアノに合わせて「にゃー ん」と鳴いては、周囲の人たちを驚かせています。

『Gitane』の看板ねこたちは、元々はスタッフのMeuさんの飼いねこでした。ところが、Meuさんの引っ越し先の新居でねこを飼うことができず、オーナーのKeiさんが「Gitane」で育てることを了解してくれたそうです。

ケンゴくんとトロちゃんはウェズちゃんの子ども。ウェズちゃんとトロちゃんは超人見知りで、未だにKeiさんは触ることができないとか。その2匹とは対照的にケンゴくんは、自らお客さまの元へ挨拶に行くほどの人懐っこい性格。ときには、アコースティックギターやピアノのライブで音楽に合わせて「にゃーん」と鳴いては、周囲の人たちを驚かせているそうです。

カウンターの上に飛び乗ってはいたずら三昧? 好奇心旺盛なタンゴちゃんにとっては、すべてがおもちゃのようです。

店内をぴょんぴょんと縦横無尽に飛び回る姿は本当に楽しそう。

そして、Keiさんが保護したねこがタンゴちゃんです。『Gitane』の入っているビルのすき間に捨てられ、助けを求める声が換気扇を通して聞こえてきたそうです。
「僕が保護して飼うのは、実は初めて。タンゴという名前はケンゴと語呂がいいから付けたんですよ(笑)」

『Gitane』内のスピーカーもテーブルも椅子もカウンターさえも、好奇心旺盛なタンゴちゃんにとっては恰好の遊び場。ぴょんぴょんと飛び跳ねながら遊ぶ姿は本当に楽しそうです。そんなタンゴちゃんはケンゴくんのことが大好き。いつもそばにいたいようなのですが、加減を知らずしつこくつきまとうので、ケンゴくんに叱られることもあるそうです。

本格的な沖縄音楽を楽しむことができる『Gitane』は、ねこ好きたちも満足させるライブハウスです。

一番の人気者であるケンゴくん。タンゴちゃんの面倒もよく見る兄貴分です。

『Gitane』はシャンソンに限らず、ロックからポップス、 ジャズ、クラシック、島唄などの本格的な音楽が楽しめます。

シャンソン・ライブハウス『Gitane(ジターヌ)』
沖縄県沖縄市中央3-14-3 2F
Tel:098-937-0714
営業時間:19:00 ~ 26:00
定休日:火曜
https://www.facebook.com/Gitane-cafe-et-chanson-140088022788962/

NEWS of ねこ

ARCHIVES

RANKING

POPULAR TAG

NEWS

SEARCH