2018.05.28

大人の趣味の為のライフスタイルマガジン「IN THE LIFE(イン・ザ・ライフ)」

TEXAS HUNTING RIGS

2007 Chevrolet S i lverado K1500 Crew Cab V8エンジンを搭載したパワフルなシルバラードをベースとした一台。ウズラ猟は広大な大地を見渡しながら行うため屋外の座席が必須。そしてレジャーとして友人や家族を連れて行く為に沢山席を設けるのである。こちらは2つのキャプテンチェアに加えてベンチシートを設け、座席を計10席にカスタム。収納庫、照明、給水システム、ブーティングテーブルなども装備している。

ガラパゴス的に進化した ウズラ猟専用車。

車輪が付いていればとにかくカスタマイズしちゃうのがアメリカ流!? 中には、カーショーに出る訳でもないのにコテコテにいじり倒したハンティング用のビークルなんてものもある。テキサスのウズラハンターのカーカルチャーにはもう脱帽!
今回はその改造車を世に広めている写真家、A・ローキー氏の写真を紹介する。

『Texas Quai l R igs』 テキサス・クエール・リグスは、失われつつあるテキサスの伝統的なハンティ ング文化を紹介した写真集。同書では写真家 A・ローキー氏が3年間の歳月 をかけてウズラ猟の文化に浸り、撮影した120台以上のカスタムリグの写真 を掲載。296ページもの大ボリュームで、唯一無二のハンティングリグを紹 介している。今回はその作品の一部をお見せしよう。

A.Lokeyさん。テキサス州アマリロ生まれ。98年に ヒューストン美術研究所を卒業し、 チェコ共和国のプラハで写真学研究科 にて学んだフリーランスのフォトグラ ファー。2014年「Texas Quail Rigs」 を出版。彼の作品の一部は、ヒュース トン美術館、アマリロ美術館、アリゾ ナ州立大学などでパーマネントコレク ションに認定されている。http://lokeyphotography.com/

果てしなく続くテキサスの荒野を駆る、独創的なクルマたち。

1958 Checker Cab/独特なスタイルのこちらは、元々NYで走っていたイエローキャブを中古で購入してカスタムしたもの。ダートを 走れるように駆動系を4x4に変更し、リフトアップも施した。サイドパネルや引き出しといった外装は、アルミ やステンレスではなくウッドでワンオフ、クラシックさを保っている。世界中探してもこんなクルマも他にない!

 ポインター犬を放し、茂みの中にいるクエール(ウズラ)を飛び立たせて散弾銃で仕留める。ウズラハンティングはテキサスでは昔から行われている伝統的な猟で、広大な敷地でウズラを探しまわる為、その昔、ハンター達は馬やロバに跨って猟を行っていた。しかし、仕留めた獲物や道具、水などの必需品も載せなければならないうえ、南部では冬でも気温が30℃以上になることもあった。
 ハンター達はもっと楽に猟ができないものかと、時代と共にクルマを使用し始めた。はじめはオープンカーを使う者もいたが、次第に中古のタクシーを買い、オープントップにカスタムする者も登場。独自の文化が根付いていった。これがテキサスの「ハンティングリグ」(リグとは艤装の意味)の始まり。それから数十年の時が過ぎ、現在ハンター達は、フォードやシボレーのフルサイズピックアップをベースにカスタマイズしている。今では、ドッグケージ搭載やドアの4枚カットは序の口で、ロングベッドに5列シート、15人乗れる座席の追加など、もうジョークみたいなカスタムが繰り広げられている。フォトグラファーのローキー氏は、そんなクレージーなクルマに魅了されたうちの一人。
「南部ではオープンカーが多く北部は防寒対策が施された車両が多かったり、フィールドによって車高の高さ、タイヤ、トランスミッションの設定が違ったりと、個々にスタイルが異なるのもまた魅力なんだよ」
 ローキー氏に言わせれば、ハンティングリグは、アートであり、テキサスの文化でもあり、歴史のドキュメンタリーであるのだという。

2004 Chevrolet Si lverado K2500 HD Crew Cab/基本的にウズラ猟は、犬にポイントさせて行うのでドッグゲージは必要不可欠。この車両は、3つゲージが備わっ ているため「3ドッグ」というニックネームが付いている。フロントにはコーンを撒く為のエサ撒き機も搭載。テ キサスではこのようなカスタムを施してくれるプロショップが点在しているのだ。

1976 Pinzgauer/アメリカでもマニアの多いオーストリア製のピンツガウアーを ベースとした車両。こちらはシンプルにグラスファイバー製の ケージとシートを備えた、必要充分で機動力重視の一台。

2010 Ford F-350 Lariat Super Duty Super Crew Cab/真っ赤フォードF-350のリアにはスタジアムの観客シートの様 に配列されたゴツいフレーム兼、収納棚がそびえ立つ。ハンティ ングカーというよりアミューズメントパークの乗り物の様だ。

1973 ,74 Volkswagen “Thing”/1973年、持ち主はウズラの狩猟のためにVWを購入し、カスタ ム。それがとても気に入ったので妻のためにもう1台購入したと いう。愛犬を連れて家族で仲良く猟に出かけていくのだ。

1982 Rolls Royce Silver Spur/亡くなった義理の父親が所有していたロールスロイスをハンティング仕様にしてしまったという一台。持ち主曰く、この車に乗るとその父親と会話をしている様な気持ちになるのだという。

2011 Polaris Ranger/フルサイズのピックアップに比べたらサイズはかなり小ぶりだが、小回りが利いて機動性はバツグンのポラリス。それでも大人が5人乗っても問題なく走れるようにカスタムされている。

2005 Ford F-350 Lariat Super Duty Super Crew Cab Power stroke Diesel/10座ある座席、ロッカー、クーラーラック、折り畳み式寝台、照明付きバー、タイヤ修理のための高圧エアーリザーバー、ライフルレストにラック……。ゴージャスに必要装備全部のせ!

photo by A. LOKEY 

NEWS of HUNT

ARCHIVES

RANKING

POPULAR TAG

NEWS

SEARCH