2018.01.12

大人の趣味の為のライフスタイルマガジン「IN THE LIFE(イン・ザ・ライフ)」

瀬戸のねこ 「宗教美術工房」のねこ

塀の上で威風堂々と佇む看板ねこと出会いました。 そのねこは仏像などの修理を行う『宗教美術工房』のマオくん。 同居ねこのロイちゃんとともにお外も満喫中。

仏像修復に携わる人たちを和ませる2匹のねこ

マオくんとロイちゃん。2匹ともとてもきれいなねこです。

瀬戸にある窯垣の小路から少し南にある住宅街の一角で、塀の上に座ってのんびりとくつろぐねこを見つけました。

このねこは仏像などの修繕を行う『宗教美術工房』のねこ・マオくんです。
マオくんは、ねこ編集部が近づいても全く動じず、むしろ堂々としています。工房のスタッフの方にお話を伺うと、時々、道の真ん中で寝てクルマを停めてしまうこともあるとか。

そして、マオくんと同居しているのが、毛の色がロイヤルミルクティー色であることから名付けられたロイちゃんです。
ロイちゃんはこの界隈では歳が若いため、他のねこにいじめられることもあるらしく、代表を務める蟹江さんのご自宅にいることが多いのだとか。

『宗教美術工房』は、全国各地に古くからある仏像の修復や製作に携わる工房で、中には数年かけて修復作業を行う貴重な仏像もあるそう。そのためスタッフの皆さんは細心の注意を払って作業を行っています。それぞれに個性豊かな2匹のねこは、スタッフの皆さんの気持ちをほぐす癒しの存在なのです。

ロイちゃんは、近所のねこたちにいじめられるので、あまり外に出たがらないそう。

時にはケンカも。やっぱりそこはお兄ちゃんねこであるマオくんがビシッと叱ります。

修復作業はすべて手仕事です。細かな作業が多く、とても神経を使うそうです。

敷地内に積まれたタイヤでバリバリと爪を研ぐマオくん。

おウチ大好きのロイちゃんも、たまには外でのびのびと。

『宗教美術工房』
http://www.bekkoame.ne.jp/ha/kanie/

NEWS of ねこ

ARCHIVES

RANKING

POPULAR TAG

NEWS

SEARCH