2018.05.22

大人の趣味の為のライフスタイルマガジン「IN THE LIFE(イン・ザ・ライフ)」

BBQ Item Catalogue『BBQに連れ出したいアイテムカタログ』

多様化するアウトドア商品。当然、屋外で調理をするBBQにも使える、便利でデザイン性も優れた商品が多数販売されている。そこでここでは、BBQに役立つアウトドア・アイテムを紹介しよう。

Tent-Mark Designs[テンマク・デザイン]

WORKERS OKAMOCHI/背の高い瓶型の調味料から小型のスパイスまで、サイズ別で収納できるスグレモノ。小型のOKAMOCHI HALFもある。

 テンマク・デザイン。これはアウトドアライフストアであるワイルドワンが展開する、オリジナル商品の開発パート。「今のニーズを具現化するもの」「これからのニーズを生み出すもの」をテーマに、様々な商品を生み出してきた。テントやタープといったキャンプ用品を始め、焚き火や調理器具などBBQにも役立つアイテムもラインナップされている。
 そんな中から今回紹介するのは、WORKERS OKAMOCHIだ。乱雑になりがちな調味料をキレイにまとめられる上、蓋を開いて展開すればそのまま調味料台として使える。さらに見た目にもディスプレイラック並みに美しいというから驚きだ。実はこれ、クラフト作家の長野修平氏が自作して使っていたものを、テンマク・デザインとともに商品化したと聞けば、納得の機能性なのだ。

UNIFLAME[ユニフレーム]

FIREWOOD GRILL/焚き火だけでなく調理も楽しめる薪グリル。天板が五徳タイプと網タイプの2つのタイプがあるので、様々な用途に活用できる。1万2,000円(税込)

 キャンプに欠かせない演出、「焚き火」。揺らめく炎を眺めつつ得られるリラックス効果が人気を呼び、今では様々な焚き火台が販売されている。そんな焚き火台の中でも、調理も同時に楽しめるのが、ココで紹介する「薪グリル」だ。早速組み立ててみると、かまどのように熱の反射を目的とした形状で、手前から炎を眺め、さらに天板で調理するという仕組み。天板は網(別売オプション)と五徳の二つがあり、重量がかさむものは五徳で、直火で肉や魚を焼きたいなら網で、といった具合だ。火力調整で高さを三段階に調整できるのは嬉しい。シンプルで機能優先でいながらそのフォルムが美しいのは、ユニフレームならでは。しかも畳めば隙間に収納できるコンパクトさ。キャンプに欠かせないアイテムとなりそうだ。

UNIFLAME BBQ CATALOGUE

左/ダッチオーブン12インチスーパーディープ/メインテナンスに優れる黒皮鉄板4.5mmの一体成形ダッチオーブン。熱周りもよく料理が美味しく仕上がる。底網や底上げネット、スタンドなど附属品も豊富にラインナップされている。他に10インチスーパーディープ、8インチスーパーディープもある。価格:1万6,900円(12インチ:税込) 1万4,600円(10インチ:税込) 9,900円(8インチ:税込)
右/ユニセラTG-Ⅲ/炭火とセラミックという二つの熱源で、素材の中までふっくら焼ける卓上バーベキューグリルの決定版。1万800円(税込)

左/フォールディング・スモーカーFS-600/ステンレス製で高品質なスモーカーながら、僅か8cmの薄さに収納できる折りたたみ式。高さが60cmのFS-600の他に、高さが40cmのFS-400もある。価格:1万6,900円(FS-600:税込) 1万4,500円(FS-400:税込)
右/つるばみ鉈/ハンドメイドの鉈。柄には樫の木を使用し、風合い、切れ味ともに抜群。ひと回り小さいつるばみ ちび鉈もある。1万円(税込) 8,600円(ちび鉈:税込)

左/チャコスタⅡ/木炭を入れて着火剤の上に置くだけで誰にでも簡単に火を起こせる。さらに薄さ3cmで軽量ということなし。ひと回り大きいチャコスタⅡラージもある。価格:4,500円(税込) 5,900円(ラージ:税込)
右/フィールドキャリングシンク/フタがまな板になるハンドル付きのシンクなので、運んで、洗ってと大活躍。直火もOKで、寒い冬などは水を入れたまま火にかけてお湯での洗いものが出来る。6,900円(税込)

左/フィールドゴミスタンド/レジ袋を使って4分別まで可能なゴミ箱。折り畳めば薄さ僅か2.5cm。価格:5,000円(税込)
右/焚き火テーブル/熱、キズ、汚れに強い天板がステンレスのサイドテーブル。しかも折り畳めば2.5cmと超薄。価格:7,500円(税込)

SKEPPSHULT[シュプスフルト]

伝統的な高い工芸技術と製品づくりのなかでも環境保護に取り組む北欧スウェーデンの鋳鉄キッチンプロダクトメーカー。

 1906年創業という、実に100年以上の歴史ある鋳物製造会社、それがシェップスフルトだ。スウェーデンにある同社は、北欧に唯一残る家庭用鋳物製造会社でもある。
 この商品の特徴は、あらゆる熱源に対応する機能性と、そのままテーブルに出せる高いデザイン性にある。また鋳物製品ということで、蓄熱性が高く女性には嬉しい鉄分の補給の助けと、様々な面で利点があるのだ。他にも天然素材にこだわるなど、そのずっしりとした重みで「本物の逸品」ということが理解できるだろう。一度手にすれば、生涯の友となることはまちがいない。同社の製品には長期保証がついている。これには世代を渡り使用してもらいたいという同社の願いが込められているのだ。

左/フライパン ブナ材ハンドル/ 使いやすい24cmサイズは、人気のモデル。フライパン部分は鋳鉄製で、均一な熱の広がりが食材を美味しく焼き上げてくれる。ハンドルはスウェーデン産ブナ木を使用。見た目の高級感を装備する。価格:9,500円(直径18cm、深さ3cm)、1 万2,500円(直径24cm、深さ3.5cm)。
右/グリルパン ブナ材ハンドル/ 余分なスペースを作ることなく、食材をキッチリとグリルできる角型パン。焼き面には溝があり、食材に美しい焼き目を付けられる。また余分な脂は下に落ちるので、ヘルシー志向の人にもオススメ。価格:1 万6,000円(一辺24cm、深さ3cm)。

左/エッグフライパン 鋳鉄ハンドル/鋳鉄ハンドルのエッグフライパン。美しい目玉焼きやパンケーキが思いのままに作れる(20cm×36cm、深さ1.8cm)。価格:1万2,500円。
右/スカンジナビアン ダッチオーブン/スウェーデン鋳鉄製でシンプルなデザインは、さすが北欧モノ。大振りなサイズでキャンプだけでなく自宅でも大活躍。脚は装備せず、焚火だけでなくバーナーでも簡単に使用できる。蓋部分は裏返してフライパンに使えるのは通常のダッチオーブン同様だ。価格:2万8,000円。

左/ミニキャセロール&ミニフライパン/小ぶりサイズのキャセロールとフライパンのセット。もちろんそれぞれで使用できる。価格:1万2,000円。
右/スイングスパイス ミル ブナ材/ スウェーデン産ブナ木製の蓋が付いた、鋳鉄製のお洒落なミル。本体は太さがあり、手によく馴染む大きさ。左右にスィングする姿が可愛らしいミルは、自由にスパイスを挽くことができる。テーブルの上にそのまま置いても転倒しにくく、アウトドアでの使用にもぴったりだ。価格:7,000円。

RISOLI[リゾリ]

1965年に創設されたイタリアで人気のキッチンツールメーカー。一般家庭から一流のシェフも愛用する美しい道具を揃えている。

ZARINA FOR 6 Cups/ザリーナ6カップ用/ 手軽に味わい深い本格的なエスプレッソを淹れられる、リゾリ社製のエスプレッソメーカー。一度に6カップ分を淹れられる。大人数でのBBQパーティーをポップなカラー、デザインで楽しくさせてくれる。価格:6,800円。

M.HELMENSDORFER[ヘルメンズドルファ]

ドイツの鍛冶職人がつくる女性のための鉄製フライパン。ハンマー加工された底面の格子状の溝は、堅牢さの証!

フライパン・フックハンドル HD204-20/1万260円。表面には製造過程で叩き込まれた格子状の溝があり、これは堅牢な強度の証でもある。

 ヘルメンズドルファは、ドイツの都市リンドウに会社を構えている。社の歴史は1280年まで遡り、当時は剣や鎧兜を生産していたそうだ。その後、鍛鉄技術に磨きが掛かり、高品質な調理器具を世に送り出すことが可能になったという。
 ヘルメンズドルファの製品は、フォルムが美しく、その美しさはそのまま食卓に置いても華やかに演出してくれるほどだ。特徴的な長い柄は、細くて女性でも持ち易い形状となっている。本体と柄の部分の接合部はキレイに成形されており、ここに熟練の技と秘伝があるのだと感心させられる。
 鉄の利点は熱伝導が良く冷めにくく、強い火力で短時間に料理が出来ること。さらにキズに強いなどが挙げられる。また、鉄分補給、そして味をまろやかに美味しく仕上げてくれるなどといったことも挙げられる。鉄を知り尽くしたヘルメンズドルファのフライパン、一度は手にしたい。そんな気持ちにさせられる逸品だ。

左/ウッドプレートHD225-24/美しい木目と角が落とされ丸みを帯びたデザインがかわいらしい。これは外径28cm、内側の料理をのせる部分が19.5cmの中サイズ。スタッキングでき、割れにくい木製は野外で重宝する。価格:4,320円。
右/サーブパン ツーハンドルHD209-32/ 直径31.5cmの大きめのサイズはたくさんの量を一度に調理できてBBQ向き。両方のハンドルを持ってテーブルへそのままサーブすれば、盛り上がること間違いない。黒光りする鉄の存在感がいい。価格:2万1,600円。

SOTO[ソト]

燃焼器具なら「SOTO」におまかせ

 1978年に工業用バーナー製造会社として設立した「新富士バーナー株式会社」。その新富士バーナーが、アウトドア市場に向けて1990年に立ち上げたブランドが「SOTO」だ。最初に販売を開始したポケトーチは、元々工作用ツールとして開発された商品だったが、その強力な噴炎は耐風性に優れている点から、アウトドアでも使えるのではと販売したのが始まりだ。
 そんな経緯もあって、製品ラインナップの中心は今でもカセットガスを燃料にした燃焼器具となっている。バーナー、ストーブ、ランタンなどのバーナー製品では、燃料の経済性、利便性などで他メーカーとは差別化を図るほどの優れた性能を有し、ユーザーに「バーナーならSOTO」というイメージを強く植え付けている。また、これらバーナー製品とともに楽しみたい調理用品や燻製用品などもラインナップしている点も見逃せない。

EL GRILL [エル・グリル]

左/MALBEC/アルゼンチンを代表する品種。力強くフレッシュな味わいを生み出し、肉厚で豊かな果実味が感じられる。
右/TORRONTES/マスカットのような爽やかかつフレッシュな香りを持つ。しっかりとした酸が特長。

 BBQに合うワインを探している方、意外と多いのではないだろうか? そんな方に紹介したいのが、BBQ大国アルゼンチンからやってきたワイン、「EL GRILL(エル・グリル)」だ。赤はマルベック種を用い、ハリのある若々しいフルーティーさに加え、存在を主張する酸と適度なタンニンを、赤身肉に合わせてどうぞ。白はトロンテス種を用い、フレッシュな口当たりとフルーティーな香り、そして溌刺とした酸で辛口に仕上がっており、鶏や魚介類に合わせて楽しんでもらいたい。価格はどちらも1,140円(税抜)とお手頃なのも嬉しい。もちろんコチラのワインは、日本バーベキュー協会認定の商品で、BBQに合うことはお墨付き。ぜひ一度BBQのお供としてお試しあれ。

どんな肉料理にも負けないしっかりとした味わいが特長の「EL GRILL MALBEC(赤)」。ついつい食が、そしてワインが進んでしまうこと請け合いだ。

LE CREUSET[ル・クルーゼ]

 多くの人が憧れるキッチンウェアブランド「ル・クルーゼ」。カラフルなホーローウェアのココット・ロンドや可愛らしいデザインのケトル、特殊加工で強化したフッ素加工のフライパンなど、機能もデザインも優れている。こんなオシャレな商品を、はたしてBBQで使っていいのだろうか?
 しかしよく考えてみれば、肉厚のホーロー製品だから、頑丈で保温性に優れ、さらに食卓を華やかに彩ってくれる。当然、BBQシーンでも大活躍してくれるアイテムといえるのだ。
 また、男性にも似合うモノトーンカラーの「ル・クルーゼ ブラック」がラインナップ。マットブラックの他、グラデーションが美しいミストグレーも加わってオシャレ度がアップ! 鍋料理はもちろん、グリルやフライパンを使って様々な料理に活躍させたくなってくる!

実際に下城会長も愛用しているル・クルーゼ。グリルの中に入れられる丈夫さ、出来上がってそのまま出しても食卓を鮮やかに彩ってくれる華やかさでお気に入りだそうだ。

ROOTOTE[ルートート]

 屋内外で使え、ゴミ箱としても活躍するトートバッグ「ルー・ガービッジ」。実はこれ、バーベキューシーンでも大活躍してくれるアイテムなのだ。なんせ折り畳めば持ち運びが楽な上に、広げれば大容量。キャンプサイトやBBQ場にてゴミ袋をセットして置けば、シャレたゴミ箱に早変わり。もちろんゴミの持ち帰りやゴミ出しもスマートにできてしまう。
 色違いの30ℓ用3ピースを並べて分別するのもよし、個性的なデザインで主張するもよし。自分にあったスタイルで使うのが楽しい。予備のゴミ袋を収納できるサイドポケットがあるなど、機能面も充実。もちろんコチラの商品も、日本バーベキュー協会推薦のアイテムであることを付け加えておきたい。BBQもゴミも、スマートにいきたいものだ。

NEWS of BBQマガジン

ARCHIVES

RANKING

POPULAR TAG

NEWS

SEARCH