2018.06.15

大人の趣味の為のライフスタイルマガジン「IN THE LIFE(イン・ザ・ライフ)」

ミラノ、モンテナボレオーネ通りの紳士小物店「LORENZI / LARUSMIA...

イタリアのモード発信地、ミラノのモンテナポレオーネ通りの中心に店を構えるLARUSMIANI。その地下に、イタリアのファッショニスタ待望のLORENZIが復活。

老舗ショップ「LORENZI」が復活

階段を下っていくとこの光景がひろがり、初老の男性が丁寧に客の要望を聞いてくれる。ラインナップの中には、年代が記されたものがあり、ヴィンテージハントも楽しい。

 世界中からやって来る「オシャレな男たち」は、昔から必ずミラノの高級ブランドショップが並ぶモンテナポレオーネ通りの「LORENZI」に足を運んだ。

 1929年にオープンしたこの店は、ナイフ、ハサミ、ライター、髭剃り、靴磨きパイプ(1,200もの種類があった)などなど、こだわりぬいた紳士小物をラインナップさせるお店。古き良き時代のヨーロッパのオシャレな暮らしを垣間見ることができ、眺めるだけでも楽しい空間だったが、残念ながら同店は2014年に85年の歴史を閉じてしまう。

 有名ブランドの商品は、どこの国でもブランド街を歩けば見つかるが、LORENZIはモンテナポレオーネ通りにしかない唯一のショップだったため、ファンは閉店を悲しんだという。

 時は過ぎ2015年12月、そのLORENZIがモンテナポレオーネに帰って来た。老舗の服飾ブランド、LARUSMIANI (ラルスミアーニ)の社長グリエルモ・ミアーニ氏が友人であるLORENZIの社長を説得し、復活が実現したのだ。

高級ボートのメーカーとモンテナポレオーネ通り自体がコラボしているということで、LORENZIはRIVAとジョイント。ファッション小物と一緒にRIVAの世界観が表現されている。

出していただいたのはゴールドシリーズ。赤ちゃんの口に合わせた、金の離乳食用スプーンは日本円で約60万円。ゴールドの笛やシェービングブラシなどなどゴールドものも多数。

NEWS of VINTAGE LIFE

ARCHIVES

RANKING

POPULAR TAG

NEWS

SEARCH