2018.06.13

大人の趣味の為のライフスタイルマガジン「IN THE LIFE(イン・ザ・ライフ)」

開いて食べる鳥の丸焼き「BUTTERFLY CHICKEN」

BUTTERFLY CHICKEN(バタフライ・チキン)

鳥を丸ごと一羽焼くのは難しいのですが、今回のように「鶏の開き」のようなバタフライチキンなら、上手に焼くことができます。丸鶏の開き方は、日本は腹開き、アメリカは背開きと違いがあるのが面白いですね。肉の中まで火を通すために、レンガを重しにするもの面白い焼き方ですね。鶏を開いた状態がバタフライ(蝶々)の形をしているのが、このネーミングの由来です。

材料(6人分)

丸鶏………1羽
バーベキューソース………50g
バーベキューラブ………40g
(塩20gコショウ20gで代用可)
バーボン……… 10cc
オリーブオイル………20cc
レモン(レモンエキスでも可)………1個

作り方

01.丸鶏の背側を背骨に沿って縦に切り開き、背骨を抜き、開いた上から手のひらで押さえつけてしっかりとバタフライ状に開きます。
02.表面や内側をよく水洗いし、表面の水分をペーパータオルで拭いておきます。
03.鳥の表面を、フォークの先などで全体を刺します。
04.レモンを半分に切って絞り、開いた鶏全体に塗り込むようにします。
05.鶏の表面にオリーブオイルを塗り、その後バーベキューラブを鶏の全面にまんべんなく擦り込みます。
06.サークルファイアにしたバーベキューグリルの真ん中の網の上に皮面を下にして置き、上からミートプレッシャー、もしくはアルミフォイルで包んだレンガで重りにしてぺったんこにして焼きます。
07.途中で何度か表裏を返しながらしっかりと焼きます。オリーブオイルをハケで塗りながら焼くと、皮がパリッと仕上がります。
08.表面がパリパリになり、内部までしっかりと火が通ったらバーボンバーベキューソースを全体にまんべんなく塗り、ソースが焦げない程度に火を通せば出来上がりです(肉芯温度は70℃以上80℃以下が目安です)。

NEWS of BBQマガジン

ARCHIVES

RANKING

POPULAR TAG

NEWS

SEARCH