2018.07.10

大人の趣味の為のライフスタイルマガジン「IN THE LIFE(イン・ザ・ライフ)」

カフェ併設の、ベテラン揃いのカメラ店「APERTURE」

スタッフ所有らしき、なつかしのメモラビリア的グッズが飾られているのか仮置きされているだけなのか、カメラ好きの友人の家を訪れているような気になる店舗だ。

 ロンドンのヴィンテージを含む中古カメラ店の多くは、大英博物館南側の一角、ブルームスベリー一帯に集中している。その中でも評判の高い「APERTURE(アパチュア)」がトテナムコートそばのラスボーンプレースに昨年別店舗をオープン、ニコンやライカのヴィンテージの扱いはそちらに軸足を移すことになった。

 ブルームスベリーの店舗と同様、こちらもカメラ店とカフェが一緒になった作りなのがユニークだ(取材当時、カフェを切り盛りしている店長の妻が育児休暇中だったので、カフェはお休み中だった。残念)。

 店内にはそれ自体がヴィンテージで価値がありそうなローズウッドのキャビネットが並び、ニコン、ライカ、ローライフレックスなどが並んでいる。とくに充実しているのはブルームスベリーのときから強いニコンで、ニコマートやFシリーズの初期モデルが多い。

 フィルムの現像やプリント、修理サービスも行っており、それぞれベテランスタッフが腕を奮ってくれるという。時間がゆっくり流れる中じっくりフィルムカメラを楽しめる場所だ。

ペリフレックスというライカマウントのカメラで知られるコーフィールドの中盤ティルトカメラ、Wide-Angle 67 Perspective-Control。上のレンズはファインダー。程度:中。

使い込んだ、店主のカメラ

ニコン、ライカに造詣が深い

アパチュアはニコンの中古カメラの評判が高い。価格も気持ち抑えめとのこと。

ローライフレックス3.5Fなど各種。アパチュアは委託販売もしている。

現像やプリント、修理担当にはベテランが揃っている。

NEWS of VINTAGE LIFE

ARCHIVES

RANKING

POPULAR TAG

NEWS

SEARCH