2018.10.19

大人の趣味の為のライフスタイルマガジン「IN THE LIFE(イン・ザ・ライフ)」

MAP CAMERAで探す「憧れの銀塩一眼レフ」

デジタルカメラ全盛の昨今。フイルムを使う銀塩モデルが狙い目である。あの頃憧れた高級機が、信じられないような価格で手に入るのだ!

 あえて今、フイルムカメラ。ノスタルジーに浸るつもりではなく、本気で銀塩カメラが面白いのである。

 信じられるだろうか? このページで撮影させていただいたニコンの名機「F3」が3万円前後なのである。デジタル台頭で肩身の狭い思いをしていた銀塩勢だが、銀塩カメラの価格下落だけは感謝したいところだ。ひと昔前の高級機に手が届く。これをチャンスと呼ばずになんと呼ぶ。新型モデルが出るととたんに価値が下がるデジタルと違い、銀塩の名機は永遠である。底値となった今、程度の良いモデルが残っている今が買いなのである。

 オススメはマニュアルフォーカスモデル。AF機よりも明るくてピントがよく見えるファインダーで、じっくりと合照する楽しみは、撮影の醍醐味なのだ。金属の手触り、巻き上げの感触。モノとしての素晴らしさは言うまでも無い。銀塩MFカメラの世界へ、いざ。

泣く子も黙る名機中の名機「Nikon F3」

F3(2万9,800円)+Ai-S Nikkor 50mm F1.2(3万7,800円)/
ニコン初の電子式横走りシャッターを搭載し、B、8秒〜1/2000秒を実現。マニュアルと絞り優先AEがあるので、写真を始めたばかりの人でも使いやすいだろう。100%の視野率はフラッグシップ機の証だ。

 ※価格は、取材当時のものです。

 フイルムを使う国産機として、もっとも高い人気を誇るのがニコンだろう。頑丈かつ質実剛健。高い信頼性を誇るボディと高い描写力のニッコールレンズ群など、数々の信者を生んだ日本を代表するブランドである。

 フラッグシップは、歴代のFシリーズ。どんなにタフな現場でも決して音を上げない頑強さは、プロの現場でも数々の伝説を残している。東京五輪で活躍した初代「F」。植村直己が北極に持ち込んだ「F2」。そして、NASAがスペースシャトルに持ち込んだのも「F3」をベースにした特殊モデルだった。

 「F3」のデビューは1980年。以来20年間にわたって製造されたスーパーロングセラーだ。後継機のF4やF5が登場しても並行して販売され、電子部品の調達ができなくなるまで生産されていた。つまり、新型のモデルが登場しても、F3の存在感は不変だったのだ。その魅力は、今も尚輝きを放ち続けている。

 スムースで滑らかな巻き上げ。しっとりしたシャッターの感触。ジウジアーロデザインのボディ。グリップの赤いラインは、F3以降のフラッグシップニコンのシンボルに。その魅力を書き述べれば枚挙にいとまがない。

 ニコン製マニュアルフォーカス専用機の最終進化形。F3の代わりが、今後登場することはないのだ。

ザ・メカ! と呼びたい男らしさ「Canon New F-1」

New F-1 AE(2万3,800円)+New FD 50mm F1.4(7,800円)/
横走りフォーカルプレーンシャッターは、1/125〜1/2,000秒、B、Xを機械式、1/90〜8秒を電子式としたハイブリッド。アクセサリーとの結合で絞り優先やシャッタースピード優先を可能としたシステム機である。描写力に定評のあるFDレンズはお手頃プライス。ズラリと揃えることができるゾ。

 ※価格は、取材当時のものです。

 国産二大メーカーと言えばニコンvsキヤノン。フイルム時代からその争いは壮絶だった。フラッグシップモデルのスペック争いはもちろん、報道のニコンに対して、ファッションのキヤノンなどと呼ばれ、プロの現場でも人気を分け合っていたのである。

 1971年に登場した「F-1」は、キヤノンが初めて発売したプロ用一眼レフだった。タフなダイキャストボディに搭載されたチタン製シャッターは、最高速度1/2,000秒を達成。ファインダーを交換することで、シャッタースピード優先を可能にするなど、全身で最新鋭のスペックを誇っていた。

 そして、F-1の発表から10年後の1981年、「New F-1」が登場。"F-2"ではなく、あくまで"新型のF-1"という意味でのネーミングに、開発陣の思い入れが感じられるのだ。10年間の間に進化した電子技術などをフルに投入して自動化をすすめ、システムAE等を実現。機械式と電子式の両方を採用したハイブリットシャッターなど、最新技術を搭載したハイスペックモデルであった。

 実機を手に取ってみると、堅牢なボディの剛性感と最高級機としての貫禄がにじみ出る。メカメカしい巻き上げの感触も含め、全身に男らしさをみなぎらせているかのようも思える。後にAF機のEOSシリーズにフラッグシップの座を譲るNew F-1は、キヤノンのマニュアル機としての風格を存分に味わうことができる名機である。

ツァイスを堪能するボディ「CONTAX RX II」

RX II(5万9,800円)/Planar T*85mmF1.4(5万2,800円)/
コンタックス製一眼レフのスタンダード機。RXの8年後に発売された「RX II」は、初代モデルが搭載していた測距機能を省き、ファインダーの光量アップが謳われていた。大きめのダイヤルも使い易い、オススメのコンタックスである。

 ※価格は、取材当時のものです。

 カールツァイスとヤシカ・京セラの共同事業として復活した名門コンタックス。なんと言っても、最大の魅力はツァイスのレンズ群である。

 とにかく、その描写力は天下一品。世界中のフォトグラファーを魅了し、数々の名作を生んだ銘レンズ多数。それぞれのレンズには、構成によってプラナーやディスタゴンといった名前が与えられ、それが伝説として一人歩きしている感もある。レンズのブランドネームとして、強烈な個性とカリスマ性を持っているのである。

 さて、コンタックスのボディはいかに? 確かにカメラ自体のスペックはさほど高いとは言えないが、ツァイスレンズでもっともピントが合わせやすいボディであるのは間違いない。そこは専用設計の強みであり、大柄なツァイスレンズとの相性もバッチリだ。現在は休眠ブランドとなってはいるが、修理も可能だから心配する必要はない。

 ツァイスを使うならコンタックス。そのアドバンテージに揺るぎは無い。

小型軽量かつ高性能な一眼レフ「PENTAX LX/MX」

LX後期/FA-1付(4万2,800円)+SMC-A 50mm F1.4(1万6,800円)/80年に登場した「LX」は、ペンタックス製一眼レフのトップモデル。コンパクトなボディは、耐寒性能に加え防滴や防塵にも配慮されたタフなプロ仕様だった。前期モデルは修理不可能となっているので、オススメは後期モデルなのだ。

 ※価格は、取材当時のものです。

 日本初の一眼レフは「アサヒフレックス」というモデル。ファインダーの"ペンタプリズム"が、後の社名であるペンタックスの語源である。

 コンパクトなボディのペンタックス製の一眼レフは、シンプルな操作系とも相まって非常に使い易いモデルが多い。しかも、プライスがこなれているから、Kマウントのレンズと合わせてもかなりお手頃感が強いのだ。気軽にフイルム一眼レフを始めるのは非常によいパートナーであり、高級モデルの「LX」や機械式シャッターを搭載するフルマニュアルの「MX」など、興味深いモデルも多い。さすが、日本における一眼レフの始祖は、35mmカメラの勘所を押さえているのである。

コンパクトな個性派一眼レフ「Olympus OM-1N」

OM-1N(2万6,800円)+OM50mm F1.8(1万4,800円)/
ハーフサイズのペンシリーズでヒットを記録していたオリンパスが、満を持して開発した35mm一眼レフ。日常使いにも適したコンパクトボディには、シャッタースピードリングの位置をはじめとするオリンパスらしいユニークなアイディアを満載していた。手にとって操作してみると、機械的な操作感が小気味よい。

 ※価格は、取材当時のものです。

 大きくて重い。これが一眼レフの常識だった時代に登場した「OM-1」は、ライバルを驚愕させるコンパクトボディを持っていた。同クラス最小にして最軽量。しかも、静かなシャッター音。描写力に定評のあるズイコーレンズも小型だから、実にコンパクトなシステムが完成するのだ。これは、スナップカメラとしての大きな魅力である。

 レンズの付け根にあるシャッタースピードの設定リングがユニークだ。つまり、ピントと絞り、シャッタースピードが全て左手で操作できるのである。ホットシューの無いスッキリとしたペンタ部のデザインや、総数200点以上というOMシステムなど、オリンパスらしさが存分に楽しめる個性的な一台なのである。

NEWS of VINTAGE LIFE

ARCHIVES

RANKING

POPULAR TAG

NEWS

SEARCH