2018.08.03

大人の趣味の為のライフスタイルマガジン「IN THE LIFE(イン・ザ・ライフ)」

ナイキが誇る最良モデルのひとつ。「021AIR MAX BW PREMIUM」

 ここではエアマックスの歴史的系譜において、とても興味深い年として知られる「1991年」にフォーカスしてみたい。この年、エアマックスはシリーズ4作目がリリースされた。のちに"ビッグウインドウ(BW)"の愛称で親しまれるモデルだ。

 そして時を同じくして、前作のエアマックス(エアマックス90)のなんと5割増しという、当時としては最強のエアを搭載した"エア180"というモデルも登場した。この2つのモデルはエアマックスラインにおけるツートップとして人気を分け合っていたが、最上位種の称号を与えられた4代目にとって、エア180の存在は目の上のタンコブだったに違いない。

 まぁ、ファン目線でいえばナイキが誇る最良機種を2つ同時に楽しめたのだから、喜ばしい時代だったともいえるのだが。また呼称がビッグウインドウのほかにエアクラシック、エアマックス4、エアマックス91と複数存在したのも4代目ならではのこと。推測ではあるが、当時の混沌とした状況が生み出したものではないかと思っている。

NEWS of NIKE FUN

ARCHIVES

RANKING

POPULAR TAG

NEWS

SEARCH