2018.09.25

大人の趣味の為のライフスタイルマガジン「IN THE LIFE(イン・ザ・ライフ)」

様々なカラーリングが絶賛増殖中。「046 AIR MAX ZERO」

 2015年春、約30年の刻を超えて幻のエアマックスがナイキファンの前に姿を現した。その名はゼロ。

 エアジョーダンを手がけたことでも知られるティンカー・ハットフィールド氏が、当時エアマックスの開発に取り組んでいた際のスケッチを具現化したもので、いわばエアマックス1の前身である。

 そんなゼロもこのファーストカラーを皮切りに、今ではiDが展開され、様々なカラーリングが絶賛増殖中。これから先、ゼロが刻んでいくであろう新たな歴史をしっかりと見届けていきたい。

NEWS of NIKE FUN

ARCHIVES

RANKING

POPULAR TAG

NEWS

SEARCH