2018.07.18

大人の趣味の為のライフスタイルマガジン「IN THE LIFE(イン・ザ・ライフ)」

他の追随を許さないこのオーラ。「097 AIR JORDAN 11 RETRO ...

 エアジョーダン11は、オリジナルの発売からこれまでに幾度か復刻を果たしているが、ここで紹介するのは2000年に出たもの。

 やはりオリジナルカラーの白黒はオーラが違う。この配色が嫌いなんていう人はいないはずだ。このクツが初めて出たのは1996年。当時、スニーカーシーンは"ハイテク"という言葉が大流行していた。そして当然、その反対の"ローテク"という言葉もあった。このハイテク・ローテクは90年代のスニーカーシーンの話をすると必ず出てくるもので、例えばコンバースのオールスターとかバンズのオールドスクールなんかはローテク、ナイキのエアマックスとかエアジョーダン、リーボックのポンプシリーズはハイテク。ニューバランスの996とか1300は…う~ん、ローテクかな、とかまぁ勝手に分類していたわけである。

 今あらためて、そのハイテクの定義、ハイテクとは一体何をもってハイテクだったのか考えてみたが、とくにしっかりとした判定基準はなく、何となく「エアが入っていて、見た目に近未来感があるもの」。こんな感じだったと思う。ただ、あくまで個人主観なので悪しからず。昔のスニーカーシーンで使われていた流行語の懐古話として捉えていただければと思う。

NEWS of NIKE FUN

ARCHIVES

RANKING

POPULAR TAG

NEWS

SEARCH