2017.03.15

大人の趣味の為のライフスタイルマガジン「IN THE LIFE(イン・ザ・ライフ)」

輸入住宅のエレガントさを凝縮したグリーンアンドハウスの家

秩父モデルハウス まるでヨーロッパの古城を利用したホテルのような、優雅で時の重なりも感じさせてくれる「秩父モデルハウス」。アプローチに石を敷き詰めることで、日本の一般的な外構仕上げでは感じられないエレガントさを実現している。

ヨーロッパの裏路地のようなしっとりとした空間に、 輸入住宅ならではのエレガントさが加えられた住まい。 秩父モデルハウス。グリーンアンドハウスからの新しい提案。

歴史を重ねるたびに年輪を刻んできたかのような力強いフォルム。その一方で、どこか懐かしい、心にやすらぎを与えてくれる温かみも感じられる。曲線を生かした美しいプロポーションの塔が、住まう人、ゲストを微笑むように迎えてくれる。

リビングスペースの上を吹き抜けにすることで家族がいつも集う場所を、開放感と心地よい自然光に包まれる空間へと仕上げている。アーチ状の扉にくすみのあるグリーンの塗装を施すなど、さまざまな個所にひと工夫が加えられることで、いつ見ても楽しい住まいが誕生する。

使い込まれたような色合いの床に腰壁、時間とともに移ろう光と、それにより少しずつ変化していく壁の表情 ……。空間を包む色や質感、雰囲気のグラデーションが、そこに佇む人の心を洗う。

住まいの中に、おとぎ話の世界がある。心楽しく、そして不思議と落ち着く空間は、絶妙のエイジングにより彩られている。腰壁はブルーグレーを用いて色むらをつけて。天井はホワイトで塗り、軽やかさを演出。床は同じくホワイトを何度も塗り重ね、アンティーク調に仕上げ、パリの郊外に建つ古い家をイメージしてつくりあげられている。

ブルーグレーの輸入タイルが輝く、エレガントな空間。壁をオリジナルに調色した薄いグレーにすることで、光の量によって時にはブルーに見えるなど、しっとりとした雰囲気が生み出される。サロンとして、またはティータイムを楽しむ場所として。心が豊かさに包まれる。

新しい扉に塗装し、カットしたガラスをはめ込み、アイアンを施す。細かな傷をあえてつけ、一つひとつ手作業で塗装の剥がれを表現していく。世界にひとつだけだからこそ、愛着が増すのである。

2階にあるマスターベッドルーム。腰壁に輸入クロスをあしらった、シャビーシックな大人のかわいらしさが漂う空間である。エイジング加工されたかのような趣きのあるクロスはイタリアから。

キッチンのすぐ横に配されたダイニングスペース。適度なこもり感があるのでとても落ち着く空間だ。食事をしながらの会話の中で、より心を通わせることができるだろう。

隠れ家的な佇まいの和室は、他の空間とガラリと雰囲気を変えて。「外国人が和室をつくったら」というコンセプトでデザインしたそう。

清潔感のあるイタリアンタイルを用いて造作されたオリジナルキッチン。2列仕様になっているので、さっと振り返るだけで調理、シンクが使い分けられて家事がとてもしやすい。オープンタイプキッチンだから洗い物をしながらでも家族と顔を合わせられ、孤立感がない。

キッチンからストレートにつながるパウダールーム。美しい模様の輸入タイルが、爽やかさを演出してくれている。左手には玄関ホールへと続く扉があり、外出前の身支度や帰宅後の手洗いなどにも便利な動線が確保されている。

遊び心と憧れとエレガントさと幼い日の空想の世界が広がる

住まいとはこんなもの、という固定観念を抱いていた自分が恥ずかしくなるくらい、驚きと発見、心の奥底に眠っていた憧れが目を覚ます。『グリーンアンドハウス』の家を見れば、住まいとはそこで楽しく生きていくという、人間にとって本来あるべき姿を形にするものであるということに気づかされる。「秩父モデルハウス」は、これまで同社が生み出し、提案し続けてきた空間づくりに、輸入住宅のエレガントさというエッセンスを加えた新しい提案となっている。

石積みに塗り壁、瓦屋根……。ヨーロッパの郊外に建つようなそんな住まいに、なぜ日本に暮らす私たちも憧れや懐かしさを抱くのだろう。きっとそれは幼い日、大好きだった絵本の世界で出会い、空想という素敵な旅を体験したからに他ならない。『グリーンアンドハウス』の家は、まさにそこから抜け出たかのような住まいなのだ。独自のモルタル造形アートとエイジング技術により、心に刷り込まれた憧れの世界観を表現している。

 玄関ホールに入ると、その先に続くアーチが出迎える。ほの暗い廊下を歩くと、ヨーロッパの裏路地に舞い込んだような気分になってくる。そしてそこを抜けると一転して明るい自然光に包まれたリビングが。反転して吹き抜けを見上げると、ここはリビングというよりは、まさにピアッツァ(広場)。石の柱に壁、時の流れを感じさせる扉、吊り橋……。部屋の中に街がある楽しさ、新鮮さは、この住まいを知った者だけに与えられるご褒美だ。

もちろん、このような遊び心だけでなく、暮らしにやすらぎと彩りを添える提案もそこかしこに光る。イタリアをはじめとする輸入クロスやタイルは、その鮮やかな色合いと模様が空間をエレガントに引き立てる。また巧みなエイジングが、シャビーシックな雰囲気を醸し出し、どの角度から眺め、切り取っても美しい、思わず微笑みたくなる空間を生み出しているのである。

今から約20年前、この世界観を伝えたいとの強い思いから技術を磨き続けてきた彼らはいう。一度見た後、半年後、1年後に『グリーンアンドハウス』の家を見てほしいと。何年経っても飽きが来ないのは本物だから。その自負こそが、私たちを夢の世界へと誘ってくれる魔法の杖なのだ。

有限会社 グリーンアンドハウス
TEL 0494-23-3849
営業時間/ 9:00 ~ 18:00
休業日/日曜日
埼玉県秩父市大野原1526-6
施工エリア/埼玉県(一部は除く)、群馬県の一部、東京都の一部
保証/ 10 年保証(構造躯体)、全棟に地盤保証付き、JIO による住宅瑕疵担保責任
保険・アフターサービスは迅速に対応。
対応価格帯 60 万円〜/坪
埼玉県秩父モデルハウス
●竣工/2015 年8月
●延床面積/138.6㎡

NEWS of 輸入住宅スタイルブック

ARCHIVES

RANKING

POPULAR TAG

NEWS

SEARCH