2018.09.06

大人の趣味の為のライフスタイルマガジン「IN THE LIFE(イン・ザ・ライフ)」

改良ベタ バラエティーカタログ

 改良ベタにはさまざまな種類がある。一般的なトラディショナルベタから、コンテストに出されるような質の高いショーベタまで幅が広い。

 とくにショーベタは体型や体色によって血統管理が繰り返され、ヒレが大きく広がり、多彩な色調をもった個体が作出されてきた。おもにハーフムーン、クラウンテール、プラカットの3体型品種が代表的な存在だ。このほか、尾ビレの形が特徴的なダブルテールやベールテール、変わった形質のダンボやジャイアントなどに分類される。

 また、美しい色彩も特徴的。昔は赤と青くらいしか見られなかったが、現在は白やシルバーなどがあって多彩。さらに、配色のパターンも複数ある。全身が単色で染まるパターンはソリッド、ボディーとヒレが単色で違う色ならバイカラーと呼ばれる。このほかヒレの外側だけが別の色で縁取られるバタフライやトリバンド、複雑な色彩のが魅力のファンシーなどに分けられる。最近人気の高いコイベタは、白赤黒のカラーに染まる個体で、好みの柄をした一点物を探す楽しみがある。

HALFMOON(ハーフムーン)

尾ビレが180度に展開し、背ビレと尻ビレが重なりなって半月状になるタイプ。
大きく広がるヒレを美しく保つためには、多めの水量で飼育するとよい。

ソリッドレッド

マスタードガス

ピュアホワイト

マルチカラー

CROWNTAIL(クラウンテール)

各ヒレの軟条だけが途中から突出し、放射線状に伸長するベタ。
とても華やかな体型だが、色彩品種のバラエティーは少ない。

レッド

マルチカラー

DOUBLETAIL(ダブルテール)

尾ビレの中央に切れ込みがあり、上下2つのヒレに分かれるグループ。
背ビレの幅が広いものが多く、ボリューム感を感じる形質だ。

ロイヤルブルー

マルチカラー

VEILTAIL(ベールテール)

もっとも一般的なベタの体型で、トラディショナルベタもこのタイプ。
尾ビレがベールのように、やわらかくたなびく様子が美しい。

マルチカラー

パステル

PRAKAT(プラカット)

最も原種の形質を色濃く残している種類。
ヒレが短いのが特徴で、野性味あふれる体型と泳ぎ、豊かな色彩が魅力。

グリーンレッド

ファンシーホワイト

GIANT(ジャイアント)

ファンシー

コイベタ

カメラ:平野 威 Takeshi Hirano、佐々木浩之 Hiroyuki Sasaki
テキスト:平野 威 Takeshi Hirano
媒体:AQUA Style 8

NEWS of IN THE LIFE

ARCHIVES


RANKING


POPULAR TAG

NEWS


SEARCH