2018.08.16

大人の趣味の為のライフスタイルマガジン「IN THE LIFE(イン・ザ・ライフ)」

AQUA style PHOTO ESSAY「Tropical Fish(カネヒ...

 昔は熱帯魚飼育を始める前に、近所で採集したり、金魚屋で購入した日本産淡水魚を飼育したりしたものである。そして、ある程度の飼育技術を得てから熱帯魚飼育をスタートすると言うのがスタンダードであった。しかし、最近は熱帯魚がとても身近で飼育関連器具も安価になったために、熱帯魚の飼育からスタートする方が少なくない。逆に熱帯魚飼育から始め、魚にどんどん興味を持って日本産淡水魚の採集に出かける人もいるくらいである。

 どちらが正解というものではないが、日本産の淡水魚にも興味を持ってもらえるのは嬉しい。そこで、今回は日本産の美魚であるカネヒラを紹介したい。

 元々は岐阜近辺から西に生息しているタナゴであるが、琵琶湖の魚の放流に伴い、琵琶湖水系の本種が各地に移植されてしまった。関東などでみられるカネヒラは、最近「流行り」の外来種の中の国内外来種と言うことである。多くのタナゴは春に産卵期を迎えるのだが、カネヒラは秋に産卵するグループである。イシガイなどに産卵をして孵化した稚魚が、貝の中で越冬する面白い生態で知られている。

 カネヒラは大型の美しいタナゴで、日本の河川などをイメージしたレイアウト水槽にはうってつけだ。日本産の水草でレイアウトした水槽で飼育してみてはいかがだろうか。

カメラ&テキスト:佐々木浩之 Hiroyuki Sasaki
媒体:AQUA Style 9

NEWS of IN THE LIFE

ARCHIVES

RANKING

POPULAR TAG

NEWS

SEARCH