2019.01.17

大人の趣味の為のライフスタイルマガジン「IN THE LIFE(イン・ザ・ライフ)」

マツダ・ロータリーの中核を担った俊足クーペ「MAZDA CAPELLA」

コスモスポーツ、ファミリアとルーチェのロータリークーペに続くRE車第4弾として、1970年に登場したカペラ。「ロータリーエンジン搭載を前提として開発された、初めての実用車」という触れ込みだったが、レシプロの1.6リッターも用意されていた。ボディは4ドア・セダンと2ドア・クーペの2種類があり、どちらにも12A型エンジン搭載車を設定。プラモデルはバンダイ1/20のほか、コガ(古河)や東宝、ニコーの1/24、クラウンの1/28があった。

ボディは成型色を活かした未塗装ポリッシュ仕上げ

 キット発売当時に制作したバンダイ1/20カペラも持参してくれたのは、飯尾さん。ボディは成形色のオレンジのまま、ピカールで磨いて仕上げたということだが、今なお輝くその深い艶には驚かされる。フル開閉キットではあるが、ボンネットは開閉ギミックが破損し、着脱式に。エンジンルームもキットなりに作っただけでこの仕上がり。バンダイ1/20初期では特に名作と評されるカペラだけに、ボディのプロポーションもなかなかのものだ。

コガ随一の傑作キットをスタンス風味で

 現在では非常にレアなコガの1/24カペラを、なんと複製ではなくオリジナル品で制作! 運よく知り合いから入手したものとのこと。キャンディグリーンに塗装したらチカーノっぽくなったので、HOMIESのフィギュアを添えて。

カメラ:服部佳洋 Yoshihiro-HATTORI、横澤靖宏 Yasuhiro-YOKOSAWA
媒体:モデルカーズチューニング 弐

NEWS of modelcars

ARCHIVES

RANKING

POPULAR TAG

NEWS

  • IN THE LIFE
  • modelcars
  • マツダ・ロータリーの中核を担った俊足クーペ「MAZDA CAPELLA」
SEARCH