2018.08.20

大人の趣味の為のライフスタイルマガジン「IN THE LIFE(イン・ザ・ライフ)」

スタイリッシュかつ走りが際立つ基本性能の高さ「PEUGEOT 208 Allur...

プジョーのベーシックモデルは、キビキビした走りと個性的なスタイルが特長だ。現行モデルとなる208は、歴代プジョーが持つ個性的なエクステリアに加えて、より高い安全性も標準装備。その走りを再検証してみよう。

プジョーの魅力を凝縮した一台

 フランス車の美点はデザインを始めとして数多あるが、それをグレードや装備にかかわらず堪能できるのがユニークでもある。むしろベーシックグレードなどスタンダードなモデルでこそ、真の実力を味わえたりするのだ。プジョー208も、伝統的なホットハッチのGTiが注目されがちだが、199万円のスタートプライスを掲げるファースト・セレクション、5速MTが用意されるスタイルなどに乗ると「やはり」と、その思いが強くなる。

 今回試乗したのはアリュール。その昔からプジョーのエンジンは、見せかけのパワーを誇示するのではなく、常用域のトルクを充実させた合理的な特性を誇っていたが、現在の208が搭載する1.2リッターのピュアテック・ターボはその最たるユニット。わずか1,500rpmから、NAエンジンなら2.0リッター級に相当する20.9㎏/mものトルクを発生する。小排気量ターボにもかかわらず発進時からもたつくことなく軽やかに速度をのせていく。

 回転フィールは滑らかで、高回転まで引っ張っても3気筒らしからぬ振動の少なさ。ストップ&ゴーの多い街中から高速巡航、ハイペースで駆け抜けるワインディング・ランまで、あらゆるシーンで扱いやすく頼もしい。

デザインだけではなく、使い勝手にも優れるプジョー独自のi-Cockpit。小径ステアリングと低いメーターナセルを組み合わせることで、メーターの視認性と前方の視界を両立させる。

しっかりとしたクッション性能を持ち、長距離でも疲れ知らずのシート。

 このドライバビリティの高さはアイシン製6速ATによる恩恵も少なくない。極低回転ではトルクコンバーターのトルク増幅効果をいかしてもたつきをなくし、しかも常に滑らか。適切で素早いギア選択、ダイレクト感の高さなど、最新ATの秀逸さを見せつける。

 208のステアリングは小径でギア比もクイックなため、街中の交差点などでもキュキュッと小気味よく曲がってくれる印象が強い。だからといって強引にノーズをインに引き込むような感覚とならないのは、絶妙なサスペンションのセッティングと見事に調和されているからだ。とくにフロントサスペンションはしなやかで、サッと素早くステアリングを切り込んだとしても自然な感覚で曲がっていくのだ。

 そのしなやかさは、当然のことながら快適な乗り心地に直結している。路面の細かな凹凸はきれいに吸収し、大きな段差なども巧みにいなす。それでいて高い操縦安定性を誇るのが見事だ。コーナーではスーッとロールしていくが、一定のところから粘りが増して安定した姿勢を保つ。リアタイヤは常に路面をがっちり捉えている感覚が強いのも安心感に繋がっている。

1.2リッターのPureTechは、ごく低回転域から最大トルクを発揮。伸びやかさとパワフルさを両立する。

 高速道路で速度を上げていくと、不思議なほどドッシリと落ち着いた乗り味になる。切り込む側だけではなく、戻し側の制御も巧みなので、真っ直ぐ走ってくれる感覚が強いのだ。

 快適な乗り心地なのに安定感があり、ビシッと直進するのに快活に曲がる。エアサスペンションや可変ダンパーといった飛び道具を使わず、コンベンショナルでここまでのシャシー性能を見せつけるのだからおそれいる。やはりベーシックグレードに乗るとプジョーの底力を思い知ることになる。安全装備であるアクティブシティブレーキなどはしっかり搭載されているので、安心して選択できるのも良心的だ。

行き深さ共に十分なスペースのラゲッジルーム。リアシートは6:4の分割可倒式を採用する。

"もしも"の時に自動的にブレーキが作動して衝突を回避する、「アクティブシティブレーキ」がアリュールに標準装備される。

限定モデルTECH PACK EDITIONが登場!

 208に限定モデルとなる「TECH PACK EDITION」が登場した。ユーザーからリクエストの多かった、バックアイカメラ&フロントソナーを装備し、安全&運転支援機能を充実。縦列駐車に対応したパークアシスト機能とCarPlayも装備されている。エクステリアは16インチのアルミホイールと専用エンブレムを採用。車両価格は237万円~。

TECH PACK EDITIONには、安全性と利便性を両立しつつ、さらに充実の装備もしっかり施されている。

SPECIFICATION 208 Allure
全長×全幅×全高:3,975×1,740×1,470㎜
ホイールベース:2,540㎜
トレッド(F&R):1,470㎜
車両重量:1,160kg
エンジン:直列3気筒DOHCターボ
総排気量:1,199cc
最高出力:110PS/5,500rpm
最大トルク:20.9kg-m/1,500rpm
サスペンション(F/R):ストラット/トーションビーム
タイヤ(F&R):185/65R15
価格:237万円〜

Text:石井昌道

NEWS of Tipo

ARCHIVES

RANKING

POPULAR TAG

NEWS

SEARCH