2018.08.24

大人の趣味の為のライフスタイルマガジン「IN THE LIFE(イン・ザ・ライフ)」

HUNTなクルマ「vintage trailers」

青く澄み渡る大空に乾いた広大な台地、そしてどこまでも続く道。大陸にはトレーラーが良く似合う。アメリカ西海岸のパームスプリングスでは、ヴィンテージトレーラー愛好家がイベント前夜から集う。

トレーラーショーだが牽引型だけではなく、ヴィンテージトラキャンでの参加も多い。

夢を乗せて走るクルマ

 パームスプリングスで開催された"vintage trailer show"というイベント。ヴィンテージエアストリームをはじめとしたモーターホームやキャンピングカーが大陸全土から集まった。ここ日本でも昨今人気の高いキャンピングカーだが、アメリカにはもはや文化として根付いており、旅の道具としてまた日常の生活空間としても使われる。

 このショーは、ミッドセンチュリーの家具や建築物のイベント"Modernism week"の中で行なわれる。ヴィンテージと謳うだけあって、1950年代のものから新しくても1980年代までのものばかり。飲食物やアート作品を展示するブースとともに、トレーラーと歩むライフスタイルを共有していた。

ヴィンテージトレーラーの定番といえばエアストリーム。顔が映りこむほどボディを美しく保つのは愛情の現われ、クラブやイベントのステッカーが似合う。

ナンバープレートで作ったアート。"STILL""TRAILER"というワードが意味深。

アメリカとは言え80年代のシルバラードは少なくなったが、このイベントでは多く見る。

50年代のキャデラックというだけで希少価値があるのに、それをベースにキャンパーに!

ヴィンテージトラックにヴィンテージトレーラー。生活や仕事ではなく、人生のスタイル。

寝食をそこで行なうトレーラーには、もちろんキッチンが完備されている。火力は強い。

水筒もヴィンテージ。ミッドセンチュリーな柄でこちらもコレクターズアイテムとして人気。

トレーラーはそれぞれのオーナーの夢を乗せてアメリカ大陸を走る。そこには人生がある。

カメラマン:Yas TSUCHIYA
テキスト:Dan KOMATSU
媒体:HUNT 2

NEWS of HUNT

ARCHIVES

RANKING

POPULAR TAG

NEWS

SEARCH