2019.01.21

大人の趣味の為のライフスタイルマガジン「IN THE LIFE(イン・ザ・ライフ)」

WESCO LOVERS「MASAO"MASA"INOUE (REVOLT CU...

WESCOを愛用するバイカーやバイクビルダーに話を聞く「WESCO LOVERS」。今回は「EASYRIDERS BIKE SHOW」「DENVER’S CHOPPERS BIKE SHOW」で今年の王者に輝いた、「REVOLT CUSTOM CYCLES」の井上正雄にその魅力を伺う。

「工具や工作機械と同じくらい大切な道具です」

井上が、「REVOLT」創業時に手に入れた『BOSS』。主にチョッパービルド時に使用する。ソールは柔らかい素材ながら、抜群の耐久性を誇るWESCOオリジナルのラプターソールをセレクトしている。
参考価格:10万2,384円〜(取材当時)

ROLLER(以下R):井上さんがREVOLTをはじめるまでの経緯を教えてください。

井上:10代の頃からバイクを弄り倒したり、バイクに乗って旅をしたりしていました。そんなことをやっているうちに、プロのバイクビルダーになりたいと思い、まずはメッキ屋さんで働きはじめました。チョッパーにピカピカのクロームメッキは必要不可欠ですからね。そこでは1年くらい働かせてもらい、今度は溶接を学ぼうと思い、鉄工所で働きはじめ、あらゆる溶接方法を学びながら、夜は別の工場で旋盤やフライスの使い方を習得しました。

 そのときは仙台の「WILD ROAD CHOPPERS」で働きたいと思っていたので、その一心で頑張っていましたね。そんな生活を5年くらい続けてやっと25歳でWILD ROADに入れてもらい、バイクに関わる仕事ができるようになりました。そこでは9年間働かせてもらい、36歳のときに独立してこのREVOLTをスタートしました。

R:ブーツはバイカーやバイクビルダーの強い味方になる道具のひとつだと思いますが、井上さんにとってはどういったものですか?

井上:昔からバイクに乗っていたのでブーツの必要性は感じていましたが、若い頃はお金がなかったのでWESCOは憧れの存在でした。修行時代は安いブーツやスニーカーを履いていましたが、職業柄、一瞬にして壊してしまうんですよ。そんな中、自分の先輩や当時働いていた社長がWESCOを長く大切に履いてるのを見て「いつか買ったるぞ!」といつも思ってました。それで独立したときに、自分へのご褒美としてこのBOSSを手に入れました。

R:WESCO以外のブーツもいくつか履かれていたとのことですが、ほかのブーツブランドとWESCOの違いはなんですか?

井上:若い時には何足も既製品の安いブーツを仕方なく履いていましたが、チョッパービルドじゃ話にならないんですよ。サンダーを使ったりして足に火の粉を喰らう使い方をすれば、すぐに壊れちゃうんですよ。WESCOは本当に耐久性が高いから、"自分の足はこいつが守ってくれてる"という安心感があります。それに見た目も申し分ないので、仕事以外では自分を主張するアイテムのひとつでもあります。

R:ブーツメンテナンスなどは行っていますか?

井上:この一番長く履いているBOSSは、より仕事で使いやすいように何度もソールを変えました。今使っているWESCOの「オリジナルラプターソール」は最高です。これは本当にいい。ワッフルソールより柔らかくて履きやすいのに、減りが遅いんですよ。しかも工場のタイルみたいなところでも滑りづらいし、オイルにも強いから、自分の仕事にはもってこいですね。

R:このBOSS以外にWESCOのブーツはお持ちですか?

井上:最近、「CENTURY BOSS」を下ろしたばかりです。これは作業で使わずにパリッと履きたいです。作業で使ってしまったらすぐにこのBOSSみたいに傷だらけになってしまうので(笑)。あと、レースブーツの「PACKER」も持っています。それぞれに違う良さがあるのでシーンによって使い分けています。

R:井上さんにとってWESCOとはどういった存在ですか?

井上:工具や工作機械と同じくらい大切な道具です。これがなければ、チョッパービルドができないといっても過言ではないです。

井上正雄/
いわずとして知れたEASYRIDERS BIKE SHOWにて、自らが製作した1953年式H-D CHOPPERで参戦。見事優勝を獲得したほか、DENVER’S CHOPPERSの創業50周年に際して行われたショーでも王者の座を手にした、いま最も勢いに乗る日本人ビルダーのひとり。今回撮影で井上がライドしたのは1941年式 H-D FL。

REVOLT CUSTOM CYCLES
 〒574-0064 大阪府大東市御領1-10-46
 phone: 072-800-8851
 www.revolt-cc.com/
 営業時間:10:00~20:00 月曜、第3日曜定休

photographs & text:Kentaro Yamada
媒体:ROLLER magazine vol.25

NEWS of ROLLER magazine

ARCHIVES

RANKING

POPULAR TAG

NEWS

SEARCH