2018.11.26

大人の趣味の為のライフスタイルマガジン「IN THE LIFE(イン・ザ・ライフ)」

ターボの後ろ盾とドラマでの活躍。速いスカイラインのイメージ復活!

 1977年に登場した5代目は、エッジの利いたシャープなデザインが特徴。「日本の風土が生んだ名車」の謳い文句から、"ジャパン"の愛称が定着している。後期型では角形ライトに進化、さらにターボモデルも追加された。

 現在容易に購入できるキットには、フジミ1/24の4ドア(前期/後期の2種あり)、アオシマのマシンXとノーマルの2ドア(こちらは旧イマイ金型で、二者は内容が全く異なる)、同じくアオシマの4ドア(後期もあるが現在は前期のみ現行品)、マイクロエースの4ドアパトカー(旧エルエス金型)などがある。絶版キットには、ニチモとバンダイ、そしてエルエスの1/20、エルエスの1/24(GTのボディのままのTIもあり)、マルイやアリイの1/24、アオシマとグンゼの1/32などがあった。

30年越しの憧れを現実のものとする

 1/24スケールのスカイライン・ジャパンとしては"決定版"と称するファンの多い、マルイのキット。そのプロポーションは誰もが思い描くジャパンのスリークな姿を巧みに捉えている。シャコタンブームに合わせて1980年代前半にスマッシュヒットを連発したマルイだが、その後一度も再販されていない車種に関しては超プレミア価格で取引されている。

 ビルダーは往時の憧れを忘れられず、近年入手し、子供の頃であれば "ブルジョワ・モデリング"だったというムギ球ライト点灯、モーターライズ仕様を実現。車高を適正化し、タイヤをタミヤのミシュランに交換したほかは、キットの持ち味を尊重して、丹念に塗装することに留意して仕上げられている。

◆Builder : 森山琢矢
◆Base : マルイ 1/24

当時を知るビルダーならではの説得力

「'80年代初頭のタケヤリマフラーが流行する前のグラチャン仕様」という設定の元、アオシマのジャパンをベースに制作された作品。ボディのプレスラインを強調するような、ツートンカラーも当時の流行をそのままトレースしている。

子持ちラインのマスキングの美しさはベテランならでは技。ブルーバード(910系)のヘッドライト移植やうっすらピンクがかったクリスタルテールも当時好まれた仕様。ワークスフェンダーと自作のパテ埋め3分割リアスポほか、リアのパッケージトレイに置かれた雑誌『GORO』など、細部まで見どころ満載だ。

◆Builder : 金子正信
◆Base : アオシマ 1/24

隠れた名プロポーションキット

 1980年代中盤まで、カーモデルのフォーマットとしては1/24と並んでメジャーだった1/20。中でもLSは最後まで1/20スケールのリリースを続けたメーカーとして知られ、実は1/24よりも秀逸なプロポーションを持つものも多い。現在、同社の金型はアリイが引き継いでいる。

 この作品はアリイ版をベースにボディ自体はノーマルのまま、車高グッと落として、懐かしのアトラス製ホイールを組み合わせたもの。非常にシンプルながら、実車と見紛う雰囲気を醸し出しているのはビッグスケールならではだ。

◆Builder : 三島こうじ
◆Base : アリイ 1/20

イマイの傑作キットの魅力をさらにブラッシュアップ

 ビルダーが現在入手可能なジャパンのキットのなかで一番好みだというアオシマ(旧イマイ金型)のジャパンをベースにホイールアーチの前後を詰める一方、上方への切り欠きは大きくする(アーチ上げ)といった加工を施して実車に似せるための工夫を凝らしている。

 フロングリルやリアガーニッシュなどはディテールに優れるアオシマ原型のジャパンのパーツを加工して装着している。低く落とされた足元に輝くのはアオシマのテクノレーシング。ジャパンお約束のゴールドのストライプは鮮明な印刷のアオシマのマシンXから流用するなどこだわりの逸品だ。

◆Builder : 浅野 学
◆Base : アオシマ 1/24

ジャパンの模型化に熱心だったLSの後期型

 ジャパンは実車の人気を反映して各メーカーの競作となった。LSは前期に続いて後期型も登場させている。LSの金型の多くはアリイが引き継いでおり、ジャパンの後期型はセダンのみ現在も入手可能だが、HTは絶版となって久しい。その後期型HTをほぼストレートで組み立てのがこの作品だ。同社の1/20とも違う、安定感のあるフォルムが特徴だ。

 シャープなモールドのホイールなど注目すべき点も多い。

◆Builder : 松本秀一
◆Base : LS 1/24

意外な伏兵、アリイ・オリジナルの前期型

 アリイといえば、旧LSから引き継いだカーモデルの金型を使って再販を続けるメーカーというイメージが強いが、かつては自社金型で数多くのカーモデルをリリースしていた。

 現在のアリイ製品の中で生き延びているのは初代シティのみだが、おそらくこのジャパンもアリイ自社製(時期的にナカムラの金型の可能性も否定できない)のキット。当時から比較的マイナーなキットであったため、完成品を見かける機会は少なかったが、この山本さんの作品を見ると、独特の解釈は入るものの、ジャパン前期型の特徴を巧みに捉えていることがわかる。ホイールは旧LS(現アリイ)のものに交換している。

◆Builder : 山本智久
◆Base : アリイ 1/24

当時、もっとも流通した前期型ジャパンのキット

 実車の発売から間もなくリリースされたLSの前期型。当時のLSは勢いがあり、他メーカーに先がけてキットがリリースされることも少なくなかった。そんな古のキットをストレートに仕上げた作品。当時はお約束のムギ球によるライト点灯、モーターライズなども健在でノスタルジアを感じさせる。細部まで丁寧に着色されていることもあり、非常に清潔感のある仕上がりだ。ホイールは他メーカーのものに交換しているとのこと。

◆Builder : 松本秀一
◆Base : LS 1/24

最後発となるジャパン前期型キットを極上仕上げ

 完全新金型のキットとして登場したフジミのジャパン前期型。若干独自の解釈でプロポーションがアレンジされており、"実車以上にカッコイイ"と称賛するファンも多いキット。

 そんな当キットの魅力を最大限に引き出すべく、マイルドロワードと控えめなキャンバーで決めた足まわりに、フジミのハヤシホイールを組み合わせている。美しいボディカラー、丁寧な窓枠処理などで非常にクリーンな作品となっている。

◆Builder : 飯尾寿樹
◆Base : フジミ 1/24

後期型ジャパンの4気筒車唯一のキット

 ジャパンのキット化に熱心だったLSは「プラモデルのモチーフは最上級グレード」という常識を覆し、GTよりも格下のTIの前期型、後期型をプラモデル化している。厳密にいえばTIは4気筒のため、ショートノーズ、すなわちホイールベースが短いが、LSのキットはボディは共通のまま前後グリルのみをTIとしたすることで対応している。

 本作品はTI本来のプロポーションを目指して、ホイールベースを短縮する改造を施している。ホイールもフジミの純正スチールホイールに交換しており、またムギ球を仕込み前後ライトを点灯可能にするなど、往時を知る人にはたまらない仕様だ。ボディカラーは実車では非常に希少だった純正のエメラルドグリーンをイメージしてペイント。

◆Builder : 山本智久
◆Base : LS 1/24

まったく新しい方向性でカスタムされた斬新ジャパン

 和風な街道レーサーとは一線を画す、独自のスタイルでカスタムされたジャパン。まず目を惹くのがブリスターフェンダーだが、リアフェンダーはサーフィンラインを活かしたデザインとするなど、スカイラインらしさを保ちながらマッシブなスタイリングに変貌を遂げさせている。ホイールはこれまた移植のC4コルベット用のメッキホイールで、アメリカのプロツーリング的要素も加味している。そこにロングノーズ、ワンテールという和風要素を上手く融合させたビルダーのセンスに拍手を送りたい。ボディカラーはクレオスのブラッディレッド、シックなブラウンの内装はY32グロリア用シートをおごり、ラグジュアリーな雰囲気に仕立てている。

◆Builder : 星場淳也
◆Base : アオシマ 1/24

定番仕様でまとめ上げられたお目立ち仕様

 1980年代初頭から現在まで生産が続く、アオシマのジャパン。グラチャンシリーズでは数々の魅力的なボディパーツが投入され、カッコイイジャパンを制作することが可能だ。そのまさにお手本的な一台ともいえるのがこの作品。ゴールド×シルバーのツートンもユニークな塗り分けで目を惹く。クリスタルテール、エントツマフラー、ウロコパネルで作られたガーニッシュなど、リアまわりにビルダーの個性が光る。

◆Builder : 君野哲也
◆Base : アオシマ 1/24

ムーンのストリートカーナショナル参加車を彷彿とさせる

 古くからアメリカン・カスタムに触れてきたビルダーが、1990年代前半のムーンアイズ主催のストリートカーナショナルズにエントリーしていたクルマにインスピレーションを得て制作したという1台。トリム類をすべてスムージングし、バンパーまですべて単色で仕上げ、ビレットホイールを組み合わせたキャルルックとハイテックのミクスチャーだ。やや長すぎるアオシマ・ジャパンのバンパーを短縮加工するなど、真面目さとお遊び感が絶妙にバランスされているのが面白い。

◆Builder : 長谷川照彦
◆Base : アオシマ 1/24

媒体:modelcars tuning 3

NEWS of modelcars

ARCHIVES

RANKING

POPULAR TAG

NEWS

SEARCH