2018.11.27

大人の趣味の為のライフスタイルマガジン「IN THE LIFE(イン・ザ・ライフ)」

【OLD&NEW】燃料が光に変わり、光は安らぎに変わる「LANTERN...

釣りをしていた男が海底に沈むあるモノを釣り上げた。それは海に沈んで相当な月日が経ち、苔むしたコールマンのランタンだった。そのランタンをすすぎ、マントルを付け替え、燃料を入れ、点火すると見事に火を灯したという。ランタンの光を見ているとそんな逸話を思いだす。

昼はさんさんと降り注ぐ日光、夜は柔らかに周りを照らすランタンの明かりで。夜の光源は我々にとって太陽に等しく大事なものだが、太陽と違って好きな光を選べる。言わば自分の世界を創造できるのだ。

Petromax:KH500/
圧力式灯油ランタンの最高峰にして大定番のペトロマックス。ドイツで生まれ100年以上ほとんど形を変えていないその存在感のある美しいボディは、200以上の細かなパーツから構成されている。火を灯した時も、メンテナンスをしている時も満足感を与えてくれる。
¥24,840(取材当時)

Vapalux:M1B ポリッシュドブラス/
一台一台丁寧にハンドメイドされているヴェイパラックスは、圧力式灯油ランタン。構造が比較的シンプルに作られているため、故障するリスクもその分少ない。微かに聞こえる燃焼音を聞いて、真鍮ボディに反射する優雅な光をずっと眺めていたい。
¥38,880(取材当時)

SOTO:虫の寄りにくいランタン/
キャンプでの悩みの一つが、光源に虫が集まってしまうこと。このガス式ランタンは、オレンジのホヤによって、虫が気づかない波長の光を放ったり、リフレクターを装着して森側の光を遮ったり、市販の蚊取マットも装着できる優れもの。
¥10,692(取材当時)

FEUER HAND:276BABY SPECIAL/
アウトドアショップならず、雑貨屋でも目にするチャーミングな灯油ランタンは小ぶりで、室内の使用も良さそう。薄鋼板と鋼線を用い、熟練の職人が精巧に作り上げるその品質の高さとメンテナンスの容易性から、軍やヒマラヤ遠征にも使用されることもある。
キャナルシップオリジナルのキャメルカラー ¥4,860(取材当時)

Coleman:パワーハウス®ツーマントルランタン/
タンク容量約940ccで燃焼時間も長く、300キャンドルパワーを誇る大型のツーマントルランタン。世界中のキャンプサイトを照らし、何十年も使える信頼感から、燃料ランタンユーザーが少なくなっている昨今でも変わらない人気を博す。
¥16,740(取材当時)

NEWS of HUNT

ARCHIVES

RANKING

POPULAR TAG

NEWS

SEARCH