2019.01.16

大人の趣味の為のライフスタイルマガジン「IN THE LIFE(イン・ザ・ライフ)」

コスパ最高! 10万円以下で買える「'70年代オメガ」

優れた性能とデザインを兼備えた、高いコストパフォーマンスを誇る'70年代製のオメガを、アンティークウォッチの専門店「スイートロード」でピックアップ! 店長オススメの逸品をここで一気に披露しよう。

 アンティークウォッチ界では、'70年代製のオメガが安くて高品質であることは、良く知られている事実。しかしその本当の理由はあまり知られていない。そこで「スイートロード」店長の平野氏に、その理由を聞いてみた。

 「'70年代にはクオーツ式ムーブメントの出現による、いわゆる"クオーツショック"の真っただ中で、機械式時計が劣勢を強いられていた時代でした。そこでオメガは機械式を盛上げようと、デザインに凝り出した時期で、まさにデザインの試行錯誤が詰まった時代ですね。ですから個性的でユニークな面白いモデルが豊富なのです。そしてクオーツ時計の登場で、良い物が安く買えるようにもなりました。

 オメガはほかのメーカーと比べて大量生産をする技術が高く、コスパが高いのも肝ですね。そんなコスパの高いモデルを市場に大量に投入した結果、市場には今でも'70年代のオメガの球数が比較的多くあるので、市場価格もそれほど高騰していないのです」

 個性的なデザインかつ高品質にもかかわらず、市場で豊富に球数が存在することからリーズナブルだという、'70年代オメガ。アンティークウォッチの世界に足を踏み出すのに、相応しい一本といえる。

コンステレーション ref.ST168.0056/
オーデマピケやパテックフィリップを手掛けたことで知られるウォッチデザイナー、ジェラルド・ジェンダがオメガで手掛けたコンステレーションの後期モデル。自動巻。

デビル ref.ST156.0002/
デビルというモデル名から悪魔を連想しがちだが、実は"都会的"という意味で、洗練された雰囲気を表現したモデル。裏蓋にもデビルのロゴの刻印が入る。

コンステレーション インテグレート ref.168.059/
1970年代から1980年代にかけてブームとなった、ケースとブレスレットの一体型。一体型ならではのスッキリとしたシルエットで、腕回りをエレガントに飾ってくれる。自動巻。

ジュネーブ ダイナミック ref.166.039/
ブルーとシルバーによる2トーンのダイヤルがポイント。デザインのセンスやオリジナリティを追求した、1970年代ならではのモデルといえる一品だ。自動巻。

コスミック2000 ref.166.128/
インデックスに要注目。他モデルでは見られない、高さがあって立体的に表現されたインデックスのデザインは、かなりのレア。デザイン勝負の姿勢が垣間見られる。自動巻。

カメラ:Kenji FUJIMAKI
テキスト:Arata HOMMA
媒体:MAJOR WATCH

NEWS of IN THE LIFE

ARCHIVES

RANKING

POPULAR TAG

NEWS

SEARCH