2019.03.25

大人の趣味の為のライフスタイルマガジン「IN THE LIFE(イン・ザ・ライフ)」

老舗ブランドとスタイルマスターの化学反応。「SAIL INTO THE NEW ...

今回はとても素敵なニュースを伝えられることに興奮している。そう、我らがカリスマのマックス・シャーフが、アメリカ老舗ブーツブランド"WHITE’S"とタッグを組んで実に興味深いプロジェクトをスタートさせるというのだ。本項はこれから始まるその"お楽しみ"を伝えるための、まさにキックオフページといえるだろうか。

「"特別なもの"ができるという予感と期待があり、俺自身もすごく楽しみにしているんだ」

これから始まるマックスとWHITE’Sのコラボプロジェクト。
彼はいま何を考え、どんな計画を頭の中で練っているのだろうか。
その真意を確かめるべく、彼のショップでインタビューを行った。

変わることより、変わらないことのほうが難しい。かつてそんなことを言った人がいたけれど、まさにマックスはいつまでも変わらずに自分のペースでものを考え、バイクをビルドし、ランプで飛ぶ。自分に一切の偽りなし。自分の信じたことを貫き通す。スタイルに合わないことは決してやらないのが彼流だ。

ROLLER(以下 R):WHITE’Sにはどんな印象をいま持っていますか? 良いところはどこですか?

Max Schaaf(以下 M):実は最近までWHITE’Sのことを知らなかったんだ。しかしその長いヒストリーを紐解き、また足を通してブーツの履き心地を体感したとき、その素晴らしさに本当に驚いたよ。正直な話、WHITE’Sはこれまで履いてきたブーツの中でもっとも俺にフィットしたんだ。心地よいのはもちろん、丈夫で長持ちするようにしっかりと作られている。俺はWHITE’Sに出会えて本当にハッピーだよ。

R:WHITE’Sとのコラボレーションプロジェクトがスタートするそうですが、どうしてコラボすることになったのか、その経緯を教えてください。

M:昨年末にホットロッドカスタムショーで来日した際にWHITE’Sのクルーと会い、コラボプロジェクトの可能性をそれとなく話したところからスタートしたんだ。良いアイデアはすぐさま思いついたが、これまで履いたことのないブーツだったので、まずは自分でトライをしてからプロジェクトを進めようと考えたが、履き始めるなりWHITE’Sはすぐさま俺の足に馴染み、今では毎日履いているよ。

 これからコラボプロジェクトのデザインに関わり、ブーツを作るんだがとてもエキサイトしている自分がいる。WHITE’Sブーツと引き合わせてくれたROLLERにはすごく感謝しているよ。

R:最近のあなたの近況を教えてください。バイクビルドのことやスケートのことなど。そう、あなたの最近のライフスタイルを!

M:最近は自分のショップに手を加えたり、新しいナックルヘッドのプロジェクトも始めている。もちろんスケートをしたり、体に気をつけた食事もしているよ。あとはこの歳になって初めてサーフィンの魅力にとりつかれて、よく行っている。そうだな、ひとつのことをしているということではなく、毎日を楽しめるように様々なことをしているんだ。あとは最近はよく雨が降っているから、バイクライドできるように天気が良くなるのを楽しみにしているよ。

R:最後に日本にいるあなたのファンにメッセージをお願いします。

M:正直言って何を言っていいのか思いつかないが、まずはありがとうと言いたい。俺たちはみんなそれぞれ違うけれど、時に同じことに惹かれ繋がることができる。俺自身の考えを誰かが気にしてくれるというのは本当に幸せなことだと思う。とにかくこのブーツのプロジェクトを楽しみに待っていてほしい。“特別”なものができるという予感と期待があり、俺もすごく楽しみにしているんだ。

1973年2月20日生まれ。カリフォルニア州オークランド在住。REALに在籍するベテラン・バートスケーターであり、カスタムバイクブランド"4Q CONDITIONING"を運営するバイクビルダーでもある。

伝統のハンドメイドクラフト製法から生み出されるMade in USAの最高品質ブーツ。

SMOKE JUMPER/
1世紀以上にも渡るWHITE’Sの歴史とともに歩んできた、オリジナルブーツの「SMOKE JUMPER」。独特のラインを描く切り替えやエレガントなシルエットはWHITE’Sの真骨頂。
価格:10万440円(取材当時)

SMOKE JUMPER/
ブーツ名の「SMOKE JUMPER」とは、煙の中に飛び込んでいく勇敢な消防士から。消防士の過酷な環境に耐えうる頑強さと優美なシルエットを兼ね備えた、WHITE’Sのフラッグシップモデル。
価格:10万440円(取材当時)

NOTHWEST OXFORD NOTHWEST OX/
アッパーにデザートサンドスエードと、ホワイトでボリュームのある軽量のVIBRAMソールを用いることで、よりカジュアルなイメージに。足元を明るく華やかにしたいならこれに決まり。
価格:9万180円(取材当時)

NOMAD/
バイカーのハードな使用に耐えうる、12インチのフルグレインオイルドレザーを使用した、エンジニアブーツ。無骨なシルエットながら、極上の履き心地はWHITE’Sならでは。
価格:10万2,600円(取材当時)

SEMI-DRESS/
ワークブーツとしての堅牢さとドレスシューズのような上品さを兼ね備えたハイブリッドブーツが、「SEMI-DRESS」。バイクライドやフォーマルまで使えるポテンシャルの高さが魅力。
価格:9万4,500円(取材当時)

Photographs:Ken Nagahara
Text:Kota Engaku
媒体:ROLLER magazine vol.22

NEWS of ROLLER magazine

ARCHIVES

RANKING

POPULAR TAG

NEWS

SEARCH