2019.01.17

大人の趣味の為のライフスタイルマガジン「IN THE LIFE(イン・ザ・ライフ)」

選ばれし氷族たちの狂宴。vol.2:世にも稀なアイスレースと8人の酔狂たち。

The Froezn Fewの核になる、Crazy Eightsと呼ばれる8人のスキモノたち。 彼らを取りまとめるMel Stultzは、その実ビーチレースThe Race of Gentlemenの発起人でホットロッドクラブThe Oilersのメンバーだ。 米国旧車シーンを盛り上げるキーパーソン、新たなコンテンツTFFをかく語りき。

 3月のある寒い日、"Crazy Eights"と呼ばれる狂った男たちが、さらに極寒の地を求めてアメリカの国境を超え、バイクを北へ走らせた。彼らが到着したのは雪で覆われた凍てつく街、カナダはオンタリオ州のスー・セント・マリー。かつての産業革命時代、アメリカとカナダの貿易上の拠点として賑わいを見せたこの街は、現在廃墟と化した建物が立ち並び寒々としている……。しかし、Crazy Eightsが目をつけ、タイヤを踏み入れた今、この地にまた活気が戻ることは間違いない! ハングリーでワイルドな彼らが、この荒野でスピードを思う存分楽しむのだ。
 
 Crazy Eightsは、マット・ウォークスラー、アダム・キング、ニック・トスカーノ、ジョシュ・コーン、ロバート・グリーン、ショーン・ブライトン、メル・スタルツ、それに"スシ"と呼ばれる男で成り立つ8人組。彼らは煙を吐き出すオイルまみれのマシンに跨り、爆音を鳴り響かせ疾走する。レンガの壁をバウンスする音があちこちで灰色の空に鳴り響く。
 
 いつだって、どのような悪条件だって8人組は乗りこなしてしまう。凍りついたバイクで雪の中を突き進み、廃墟の狭間で危険なターンを果敢に試みる。彼らが走ると、まるで死んだ街が息を吹き返すようだ。そんなギャングたちが、この地で選んだスノーモービルはH-D。彼らは愛車にまたがり、大騒ぎできる新たな荒れ地を開拓するために走り去っていく。

 「 誰でも夢を見るが、見る夢はそれぞれ違う。夜寝ているときに夢を見る者は、目が覚めるとすべてが無だったと気がつく。しかし、昼間も夢を見る者は、危険人物だ。なぜなら彼らは目を開いて夢を実現させるかもしれないから」――T・E・ローレンス
 
 これからもCrazy Eightsから目が離せない。次は一体どこの土地を選ぶのだろう……いつか日本の地に降り立つ日も来るかもしれない! 君たちもH-Dに乗れよ!

Photographs:David Carlo
Text:Mel Stultz
Translator:Mako Ayabe
媒体:ROLLER magazine vol.18

NEWS of ROLLER magazine

ARCHIVES

RANKING

POPULAR TAG

NEWS

SEARCH