2019.01.18

大人の趣味の為のライフスタイルマガジン「IN THE LIFE(イン・ザ・ライフ)」

選ばれし氷族たちの狂宴。vol.3:伊達や酔狂を命懸けでやるというエンターテイメ...

読んで字のごとくクラシックバイク&ホットロッドにイカれた8人の酔狂からなる“Crazy Eights”。撮影中の転倒で若干1名不在ゆえの7人。

The Frozen Fewとは? ――アパレルブランドFREE WHEELERSのデザイナー安井 篤はその答えを知る"Crazy Eights"のメンバーだ。 The Race of Gentlemenにも深く関与する無類の旧車狂が語る、氷上レースの新構想とTROGとの相関関係のハナシ。

 ニュージャージーで開催されたビーチレース「The Race of Gentlemen」(以下TROG)。TROGの主謀者でもあるMel Stultz とBobby Greenは以前から日本でも顔を合わせていましたが、それ以外のメンバーはこの時が初対面。そもそもカナダの果てに呼び出されて、一体何が始まるのか? そんな状態だった。結果的にはこの時に集まった8人は"Crazy Eights"と呼ばれ、その年のTROGの運営にも深く携わることになるのですが、その時はまだ知る由もなかった(笑)。
 
 メルとボビーはTROGと並列するようなアイスレースの構想を密かに温めていて、この撮影が主要メンバーのファーストコンタクトだった。数名の写真家が招集され、プロモーション用の撮影をしたんです。それがこれらの写真。走るのも撮るのも命懸けです。実際、転倒して骨折したメンバーもいましたから。
 
 ノースカロライナのMatt Walkslerに初めて会ったのもこの時で、カットダウンというノリモノを目の当たりにしたのも同じタイミングだった。W系やU系を持ち込んだほかのクルーもいたのですが、それより古いF Headのカットダウンが、氷上で飛び抜けた走行性能を発揮したんです。無論、彼のライディングスキルの高さもあったけど、軽量な車重がアドバンテージとなっていたのは明白だった。マットに「興味があるなら乗ってみろ」と言わるまま試乗したのですが、一発でカットダウンの虜になってしまった。その晩にマットにオーダーしたのが、TROGで走らせた「23 J」です。
 
 H-Dへのこだわりはもちろん、衣装からシチュエーションまで徹底的にこだわる。特にCrazy Eightsの核であるメルとボビーは、本気で遊ぶことをエンターテイメント、すなわちオーディエンスに向けたショーに仕立て上げる稀有な才能を持っているんです。ただしやることなすこと規格外で、商売っ気もあるんだかないんだか(笑)。もちろんThe Frozen Fewも、ゆくゆくはTROGと同様にショーとして運営する予定です。

Atushi "Sushi" Yasui:安井篤
漂泊の文学集団Beatniksが説いた赤裸々な言葉から滲む、かの時代のアメリカの喧噪の記憶――それらを紡ぎ寄せ、"今"を生きるためのリアルクローズに仕立てるデザイナー。ヴィンテージH-DやHOTROD狂としても有名。

Photographs:David Carlo
Text:Gonz (満永毅)
媒体:ROLLER magazine vol.18

NEWS of ROLLER magazine

ARCHIVES

RANKING

POPULAR TAG

NEWS

SEARCH