2019.01.28

大人の趣味の為のライフスタイルマガジン「IN THE LIFE(イン・ザ・ライフ)」

同郷ホーミー2人による息の合ったシンクロスケーティング。

同じベルギー出身、しかも同じELEMENTに所属するフィル・ズァイスンとヤルネ・バーブラゲン。そんなふたりによるによるユニークなダブルスパート、その名も"DOUBLE IMPACT"がオンライン公開された。いつも一緒にセッションを繰り広げるホーミーが息を合わせると、インパクトも倍増。むつまじい仲良しこよしスケーティングをチェック。観ているだけで笑みがこぼれます。

イエローの鮮やかなジャージーバリアで魅せる、ダブルウォーリー。ちなみに動画本編ではフィルが180アウト、ヤルネがボードスライドアウトを披露。

動画本編のエンディングで使用された、緩やかなハンドレールでのダブルボードスライド。マッチさせたアウトフィットにも注目。

シンメトリーなトランジションスポットにてシンクロさせる、フロントブラントスライド。アプローチのタイミングが完璧すぎます。

バック・トゥ・バック、オーリーからのチェーン越えバンクイン。グーフィーとレギュラー、両スタンスによるハイスピードな共演。

ストリートをフルプッシュで駆け抜ける。ふたりでともに動きをシンクロさせながら閃く、さまざまな斬新なアイデアを形にしていく。

互いのデッキが当たりそうになるほど密接した、スミスグラインド。この距離感には、高いスケートスキルだけでなく揺るぎない信頼関係も不可欠。

サンフランシスコといえばダウンヒル。急勾配で魅せるハイスピードなダブルオーリー。先頭のフィルがしくれば、大惨事は免れない。

アプローチのタイミングとスピードを合わせて、バンクからぶっ飛ぶ。巨大な支柱に当て込む、バックサイドグラブでのウォールライド。

カメラ:Guillaume PERIMONY
媒体:SLIDER 29

NEWS of SLIDER

ARCHIVES

RANKING

POPULAR TAG

NEWS

  • IN THE LIFE
  • SLIDER
  • 同郷ホーミー2人による息の合ったシンクロスケーティング。
SEARCH