2019.03.28

大人の趣味の為のライフスタイルマガジン「IN THE LIFE(イン・ザ・ライフ)」

R's Flavor 「WESTRIDE-7」

1948モデルの最高峰。復刻を超えた究極のTHE ORIGINAL。

 WESTRIDEの新作ジーンズ1948XX。全行程に当時と同じ戦前のミシンを使い、ひとりの職人が当時の縫製方法をたどり裁断から仕上げまで一貫して製作する至高の1本。

 アイロン、ガイドを一切使わず手曲げ縫製で縫い上げるという世界に類のない生産環境で生み出される、1日2本のみ生産される究極の逸品。使用するオリジナルのデニム地は、デッドストック大戦モデルをバラし、糸の打込み本数や撚り回数などを解析した上で織り上げ、インディゴも現在可能な最高濃度で染色している。

 レザーパッチに刻された2台のパンヘッドに引き裂かれるジーンズは「形あるものは壊れてしまう」という真理を表現。「旧車やこのデニムを縫製する古いミシンもやがて壊れてしまう物だが、壊れても直しながら一生付き合い、多くの思い出を重ねていってほしい」という願いが込められている。ファストファッションや使い捨ての風潮ではなく、WESTRIDEが提案するのは修理しながらでも、ずっと履き続けたいと思える、生涯の相棒なのである。

1948XX/
ヴィンテージXXの黄金期である'47〜'54年の、いわゆる"片面タブ"モデル。パンヘッドの1stイヤーである'48年モデルを手掛けるのも、WESTRIDEならではのこだわり。生機で織り上げたデニムは未洗いで納品されるため、縮みが大きいのも特徴。
価格: 4万5,360円(取材当時)

Photographs:Yasuhiro Yokosawa
Text:Tsuyoshi Matsuno
媒体:ROLLER magazine vol.20

NEWS of ROLLER magazine

ARCHIVES

RANKING

POPULAR TAG

NEWS

SEARCH