2018.02.02

大人の趣味の為のライフスタイルマガジン「IN THE LIFE(イン・ザ・ライフ)」

50年の歴史を誇るスケートシューズのオリジナル。

2016 Vansのブランド設立から50年経った今でも変わらず同じシルエットを守り続ける。このモデルこそVansのオリジナルでありアイコン的存在。現在はパフォーマ ンス向上を目的に、アップデートされたAuthentic Proもリリースされている。

カリフォルニア州アナハイムにポール・ヴァン・ドーレンが仲間とファクトリーショップをオープンさせたのが1966年3月16日のこと。当時販売していた僅か3つのモデルのひとつが#44と呼ばれたデッキシューズだった。それこそ、今日でもベストセラーとして人気を博すAuthentic。

【VANS 50TH ANNIVERSARY】1966 AUTHENTIC

はじめにVansとスケートボードとの出会いから話を始めたほうがいいだろう。まず、Vansのシューズはサーファーの間で人気を集め、瞬く間にカリフォルニアの海岸線に広まっていった。そして、アスファルトでサーフィンを楽しもうとした悪ガキどもがたむろする、サンタモニカの小さなスケートショップでも取り扱われるようになる。

強力なグリップを誇るVansのシューズはスケートボードにうってつけの代物だった。そうしてスケートコミュニティでスタイル#44と呼ばれるデッキシューズが爆発的にヒットしていく。70年代半ばにはZ-Boysが登場し、トニー・アルヴァをはじめとするイノベーターたちがバンクを波に見立てた極悪スタイルでシーンに新たな風を吹き込み、バックヤードプールに不法侵入しながらスケートボードのあり方や進化に多大な影響を及ぼしていった。その足元にはつねに#44のデッキシューズがあった。つまり、当時のスケーターにとって、このモデルはデッキと同じく、スケートボードをする上でなくてはならない代物だったのである。

そして、#44という味気ない商品番号がつけられた、スケーターにとって重要な意味を持つこのモデルは、やがて“Authentic”と呼ばれるようになる。“Authentic”とは、日本語で“本物”という意味。まさに、スケートボード草創期から今日まで、スケーターの足元を支えてきたスケートシューズのオリジナルである。

SLIDER Vol.28

1966 Vansが誕生した1966年にスタイル#44と呼ばれるモデルとして登場したAuthentic。オリジナルのカラーはネイビー。アウトソールには今日も根強い人気を誇るワッフルソールを起用。

Vansが誕生した当時は自社のファクトリーでシューズが製造されていた。Vansのトレードマークであるワッフルソールは、このようにワッフルを作るように型にはめられ作られている。

NEWS of SLIDER

ARCHIVES

RANKING

POPULAR TAG

NEWS

SEARCH