2018.04.05

大人の趣味の為のライフスタイルマガジン「IN THE LIFE(イン・ザ・ライフ)」

24歳で購入後、自分でカスタムした1969 トライアンフ TR6R

バイクを始動し、大沢さんと真っ先に向かったリバーサイドでの1コマ。HRCS前日まで磨き抜いた車両が数分間で泥だらけになったが、それ以上に大きい“New Shit”への満足感といったら……。アクセルを戻せない。

遂に完成した理想のスタイルで“HRCS 2015”出展。そしてはじまる新たなバイクライフ。

 24歳で念願のTriumphを手に入れ、購入時の状態でこいつを1年間乗り回した。それまで乗っていたありふれた国産とは違い、少し誇らしい感覚で所有していたが、率直に言って毎日乗りたいというバイクではなかった。外観が嫌いな訳ではない。エンジンの掛りが悪いわけでもない。街中を走るには十分なパワーもある。けれど、毎日乗れと言われれば、どうしても足が遠のいてしまう。その理由は自分がバイクに求める軽快さや走破性が無く、操っているという感覚より、1969年生まれのTriumph様に乗せてもらっているという感情が先行していたからだろう。つまるところ、自分のライフスタイルに合わないバイクだったというわけだ。

 そんなところに舞い込んだ、カスタム企画“The Work in Progress”。
 圓角やGonzが勢いよくスタートを切る中、僕は地元の先輩で古くから付き合いのある“Cheetah Custom Cycles”の大沢さんにカスタムを依頼した。「出来ることは自分でやれ」という大沢さんの方針から、仕事の合間を縫って度々工場に足を運び、大沢さんの指南を受けながら自らバイクに手を掛けていった。すると、バイクに対する情熱や愛情が日増しに生まれ、カスタムすることの楽しみを身を持って体験した。

軽快なトラッカーを意識したアウトラインの中にビルダー大沢俊之による熟練の技とセンスが散りばめられている。低予算のため安価に入手可能なパーツや元から付いていたパーツの流用が多いが、すべてのステーを自作し、取り付け位置に拘ることにより絶妙なバランスを生み出すことを目指している。ただし、きれいな曲線を生み出すマフラーやタイトスペースにぴったり収まったオイルタンクは大沢さんによるハンドメイドの一級品。

 時間を見つけては工場に通う生活を送り、徐々に自分の思い描く形へと変貌を遂げた我が愛車は、同企画のメインターゲットである“HRCS”へと無事出展を終えた。圓角やGonzのように、アワードを取ることはできなかったが、HRCSというビルダーが凌ぎを削りあう大舞台に、自分の手が少しでも掛かった愛車で参加できただけでも非常に光栄なことだった。
 
 ショウを終え、3ヵ月ほど経過した2月頭。ついに半年間かけて精魂込めて作った愛車が路上を走り出す。自分が思い描く理想のアウトラインが実現したそれはこの上なく乗りやすいものとなった。上のライディング写真を見ていただければ一目瞭然だが、パワースライドをしても安定感のある非常に乗りやすい車両に仕上がり、かつて乗ることが億劫であったバイクから毎日乗りたくて仕方がない“相棒”へと変貌を遂げた。この車両の制作のために少ない予算と短い納期にも関わらず全面協力してくれたCheetah Custom Cyclesの大沢さんをはじめ、LYCETTタイプのメインシートに合わせたタイトなピリオンパッドを制作してくれた名古屋のカスタムシートショップBACKDROPの宮崎さん、美しいタンクペイントを施してくれたS PAINT WORKSの尾坂さん。短い納期でメッキ加工を施してくれた洋洋工業さん。同プロジェクトに協力してくれたすべての人々に心から感謝を述べたい。
 
 そんなプロフェッショナルの協力があり実現した同企画は今回で最終章というわけだが、この新しく生まれ変わったTriumphと僕のバイクライフはまだまだスタートしたばかりだ─。

ROLLER magazine vol.18

タンクは“S PAINT WORKS”にて大人の濃紺にペイントしてもらった。乗りやすさと意外性を求めてセレクトしたLYCETTタイプのメインシートに合わせて制作してもらったスキニーなピリオンパッドは名古屋のレザー専科“BACKDROP”による仕事。レーサーを意識し、リアフェンダーやオイルタンクはアルミを使用。同車両専用設計のオイルタンクは小ぶりで丸みのあるかわいらしいものとなっている。

2008年の夏に撮影した大沢さんとその仲間。このように毎週末BMXで集まり楽しい時間を分かち合っていた。

今回の撮影は大沢さんとダート走行をして行った。撮影ということを忘れ、ダートでバイクを走らせていると、かつて大沢さん達とBMXを楽しんでいた若き日の青春がフラッシュバックした。1日バイクに乗って遊び疲れて撮った1枚。

NEWS of ROLLER magazine

ARCHIVES

RANKING

POPULAR TAG

NEWS

SEARCH