2019.03.27

大人の趣味の為のライフスタイルマガジン「IN THE LIFE(イン・ザ・ライフ)」

基礎知識から最新機種まで「水槽照明の最先端LEDからはじめよう」vol.3

マリンアクアリウム市場でここ数年、最も活発な動きを見せているLED照明ジャンル。日進月歩のスピードでさまざまな最新技術が盛り込まれた機種が続々とリリースされている。そんな奥深いLEDの魅力やこれから水槽を立ち上げる初心者のための初歩的なギモンと最新機種をご紹介する。

話題の最先端LED Orphek ATLANTIKがいよいよ本格的に日本上陸

 世界的に愛好家の多い人気のLEDライティングシステムである「Orphek」ブランドが、ついに正式に日本上陸を果たす。愛知県刈谷市の人気専門店アクアサンマリンにおいていち早く導入されたというので取材を敢行。

 迫力満点のミドリイシ水槽を照らし出すOrphekLED。待望の国内発売ラインは? 価格は? 本誌独占取材でいち早くお届けする。

 近年のアクアリウムにおけるLED照明の進化は著しい。機能面でいけば、システムライトのほとんどの機種がパソコンやスマートフォンによるアプリケーション操作で、オン・オフはもちろん細分化させた調光機能を実装し、さまざまなプログラムによって飼育する生体や環境にあわせたライティングシステムの構築が可能となっている。

 さらに、波長についてもさまざな研究がなされ、限りなくフルスペクトルに近い構成やサンゴの蛍光タンパクに合わせた波長を搭載し、ひとつひとつの素子が単波長であるLEDの欠点すら、ピンポイントでサンゴを照射しながらカクテル的な分散も可能という、長所として導き出しているといえるだろう。これからますます進化を遂げるだろうアクアリウム照明としてのLEDに興味は尽きることがない。

海外で人気のLEDが、日本仕様にカスタマイズされて新登場。

アクアサンライズ エムエムシースペシャル(エムエムシー企画レッドシー事業部)/
高品質LED素子を採用した海外の人気LEDの国内限定特別モデル。Wifi機能搭載し、専用アプリケーションで細かい設定が可能ながら、スマートファンやパソコンの操作が苦手な人のために、本体のタッチパネルでの設定も可能となっている。

新たな進化を遂げる国内LED照明のパイオニアブランド「グラッシーレディオシオリーズ」

グラッシーレディオRS122c(ボルクスジャパン)/
2009年の発売以来、累計生産台数が5万台に到達したグラッシーレディオシリーズ、それを記念して特別限定モデルとしてこれまでに採用したLEDを厳選して再構成させた、リアルスペクトルモデルとなっている。深場用のコーラル、浅場用のマリン、水生植物用のフレッシュの3機種を発売。バイオレット420nm、シアン500nm搭載。

水に強いIP67を採用した、超薄型LEDが新発売に

ゼンスイLEDランプ ナノスリム(ゼンスイ)/
厚さ約1.5ミリの超薄型LEDライトが新登場。海水水槽にマッチするオーシャンブルーと水草育成に適した、トリプルホワイトの2種が発売。サイズは30㎝、60㎝、90㎝用の3サイズを発売する。

無線LANを内蔵し、簡単なセットアップでiOSとの接続が可能な、最新機種V3Plusシリーズ。

Orphek Atlantik V3Plus 235W (Pacific-Japan Co.,Ltd.)/
それぞれの波長をより高効率にした、デュアルチップLED搭載のパワーLED。サンゴの成長と健康的な色揚げに特化させたスペクトルを実装。

Orphek Atlantik V3Plus compact 138W (Pacific-Japan Co.,Ltd.)/
コンパクトなボディながら本格的なライティングシステムを装備したモデル。90㎝位までの水槽であれば充分に威力を発揮するだろう。

メーカー発表のスペクトル図。幅広い帯域をカバーしている。詳細は同社のホームページに記載があるので、興味のある人は確認してみよう。
https://orphek.com/orphek-atlantik-v3-plus-internet-things-aquarium-led-lighting/

ラディオンXR30W G3(LSS研究所)/
機能的なプッシュボタンを搭載し、全ラインナップでUVも標準装備したハイエンドユーザーから高い支持を集めるシステムLED。エコスマートライブと接続することで1秒単位で照明の色彩や出力調整、タイマー設定をすることが可能。

PRIME(LSS研究所)/
小型水槽でも使用できるWi-Fi機能も搭載した、最新型小型LED。小柄ながら本格的なシステムに充分に対応できるシステムLED。カラーはブラックとホワイトの2色。

ゼンスイLEDプラス(ゼンスイ)/
演色性の高い水槽横置きタイプのLEDライト。海水水槽に最適な煌びやかなブルーのシャイニングブルーほか、パーフェクトクリア、ストロングホワイト、ビューティバイオレットの4種類がラインナップ。30~180㎝まで豊富なサイズも大きな特徴。

Ethereal E5-130(オーシャンアース)/
制御は、ICV6コントローラを介しアンドロイド、またはISOを通して制御することができ、またWifiやインターネット環境がなくてもBluetoothで接続することも可能。エーテルを制御するICV6コントローラは、Ethereal 照明システム及び将来的に発売される Maxspect 製品の全ラインアップとの接続が可能となる。必要なのはこのコントローラのみで、Maxspect の製品への接続がこれ一台で可能に。キャビネット内や水槽周辺に複数のコントローラが散乱することなく、すっきりした設置が望めるだろう。

機能的でありながら斬新な流線型のアルミボディーを採用。ヒートシンクを使用せずにLEDの熱を効率よく吸収し、放熱して本体の温度を低く保つことを実現している。

セレスティアル(オーシャンアース)/
マルチシャドウや色の分離が起きにくい「Full spectrum LEDアレイ」を使用した、マックススペクト初のスポットライト型LED照明。小型ながら4chフルオートタイマー制御を搭載。時間帯に応じてお好みのスペクトルや輝度に調節が可能。

レザーR420r(オーシャンアース)/
2015年7月にマイナーチェンジしたレザーは、スペクトルの改良と搭載LEDチップの変更により、PAR(光合成有効放射)が大幅にアップした。また従来の集光レンズを廃止し、最新のナノ技術を使ったリフレクターの採用によって、LED特有のマルチシャドウや色の分離が抑えられ、自然な光を再現している。バイオレット系(400~430nm)のLED球に、海水業界初となるガラスレンズを採用し、従来からの技術課題となっていたシリコンレンズの硬化によるボンディングワイヤーの断線や変色、焼け焦げといった問題も解消されている。
価格:オープン価格

媒体:コーラルフリークス 19

NEWS of IN THE LIFE

ARCHIVES

RANKING

POPULAR TAG

NEWS

SEARCH