2019.02.19

大人の趣味の為のライフスタイルマガジン「IN THE LIFE(イン・ザ・ライフ)」

スズキ・クロスビーでパワースポット巡り!

快適なドライブへ誘うSUZUKI XBEE

いい空気を吸って、いい景色を見て、明日からの活力のためにいい気を浴びてこよう、ついでにキャンプも。突然思いついたドライブのために、ラゲッジに荷物を積み込んでさぁ出発。

全幅1670mmというコンパクトなSUVながら、後席も広々のクロスビー。その後席を畳めば縦方向に1165mmのラゲッジスペースが現れる。さらに、高さが800mm確保されているのもウレシイところだ。

荷物を満載したクロスビーで関越自動車道に乗り、赤城山最大のカルデラ湖となる大沼を目指す。クロスビーのエンジンは99psを発揮する1Lターボ、これにマイルドハイブリッドが組み合わされる。燃費はJC08モードで20.6km/L。フルタイム4WDの安心感と合わせて、どこまででも走っていけそうな気分に。次は、友人達を誘ってドライブもいいな、足元ゆったりの後席なら苦情もなさそうだし。そんなことを考えていると高速の出口。一般道を走り目的地の大沼に到着。

そこからは湖畔の赤城神社を訪ね、自分の足で黒檜山〜駒ケ岳の登山を始める。一日の終わりにはキャンプもいい。

目にも身体にも精神にも活力をあたえてくれた一日の休日。程よく疲れた身体でクロスビーに乗り込む。6ATのスムーズさで、帰路のドライブも、快適なハズだ。

大沼湖畔 人気のパワースポット

黒檜山の南峰にある、黒檜大神石碑と鳥居。半日で歩ける適度な距離なので、休日の登山にはちょうどいい登山ルートとなっている。

早朝には朝もやを見れるチャンスも。また大沼湖畔には「赤城山の侠客」として名高い国定忠治像が置かれている。

神秘的な雲海が見れる駒ヶ岳(赤城山)~黒檜山のハイキングコースは人気のコース。

正式名称は赤城神社であるが、他の赤城神社(関東地方を中心に約300社)との区別のため「大洞赤城神社)」とも呼ばれ本宮と推測される人気パワースポット。

アウトドアファンにはうれしいしっかりとしたラゲッジスペースを用意。キャンプ用品も十分に積むことができる。焚火を眺め自然と時間の流れに身を任せる。

SUZUKI XBEE特設サイト

NEWS of IN THE LIFE

ARCHIVES

RANKING

POPULAR TAG

NEWS

SEARCH