2019.01.25

大人の趣味の為のライフスタイルマガジン「IN THE LIFE(イン・ザ・ライフ)」

新世紀に突入した"E"が開幕! 「FORMULA-E SEASON5」観戦ガイド

100%電動自動車によって行われる「フォーミュラE」も、ついにシーズン5に突入。 ますますヒートアップする新世代モータースポーツは、いよいよ1月26日にチリのサンティアゴで、第3戦の幕が切って落とされる!

FIAが本気で取り組む「新たなモータースポーツ」。

 フォーミュラE。それは、EVによって争われるモータースポーツの最高峰。「フォーミュラ」の名が示すとおり、その姿はむき出しのタイヤと巨大なウイングを持つ、一人乗りのシングルシーターである。サイズ的にも現行のF1マシンとほぼ同じだが、その心臓部にガソリンは一滴も流れていない。そう、駆動力を生み出すのは電池で動くモーターのみ。100%混じりっけ無しの電気自動車なのだ。

 実物大の電動RCカーを人間が運転するのか……などと侮ってはいけない。革新的な新シリーズを立ち上げたのは、かのFIA。F1やWRC(世界ラリー選手権)を統括する自動車連盟が、本気で取り組む「新たなモータースポーツ」なのである。

 そのスタイルは、いろいろな意味で非常にユニークである。

 コースを訪れたファンがまず驚くのは、モータースポーツに付きものの「排気音」がないことだろう。もちろん、モーター駆動とはいえ完全な無音ではなく、独特の甲高い回転音は残されている。だが、そのボリュームは充分過ぎるほど絞られている。はたして、ガソリンエンジンが咆哮していたエグゾーストノートが、紳士的ともいうべきモーターノイズに変わると、スタートシーンなどは別物である。

 グリーンランプの点灯と共に全車一斉にスタート! 第1コーナーに飛び込むスペクタクルは迫力満点……なのだが、ファンの耳に届くのはおとなしい金属的高周波音。拍子抜け……といえなくもない場をなんとかしようと、会場にはロックが常時流されていたりする。

低騒音ゆえに、市街地レースを初開催する大都市も。

 だがしかし、「静けさ」はEVレースの長所でもある。フォーミュラEは、全戦がストリートコースでの開催。舞台として選ばれてきた街には、初開催が実に多いのである。例えば、2017年のブルックリンePrixは、ニューヨーク市内で行われた史上初の市街地レース。その実現に、「低騒音性」という点が評価されたのは間違いない。

 今季のオープニングを飾ったサウジアラビアのディルイーヤも、かつては王族が暮らした歴史ある街。世界遺産にも選ばれた古都における市街地レースの実現は、EVだからこそなせた技なのである。モンテカルロやロングビーチに代表される「公道レースに慣れている街」以外でもレースを招致したい街は多く、それが新たなレースファンの獲得に繋がっているのは間違いない。

Who’s gonna WIN? 注目のドライバーは!?

 フォーミュラEを体験したドライバーは、その操縦性を"ユニーク"と称する。回転数の上昇にしたがってパワーが盛り上がるのがエンジンであり、モーターはアクセルを踏んだ途端に最大パワーと最大トルクがかかる傾向にあるというのだ。だが、プロにとって、マシンを飼い慣らすことも仕事のひとつ。ワンデイイベントならではのマネージメントも重要となるので、速さだけではなく経験値も試されるといえる。

 シーズン毎に新チャンピオンが誕生するフォーミュラE。開幕年からフォーミュラEに参戦し続けている電動フォーミュラのベテラン、セバスチャン・ブエミは、ルノーe.ダムス時代にプロストと共にシーズン2のドライバーズタイトルを獲得。3代目王者にはディ・グラッシ、昨シーズンはベルニュが王者の座になっている。

Season 1 Champion:Nelson Piquet Jr. (ネルソン・ピケ・ジュニア)

かの名ドライバー、ネルソン・ピケを父に持つネルソン・ピケ・ジュニアは、2014年にスタートしたフォーミュラEの初代チャンピオン。

Season 2 Champion:Sebastien Buemi (セバスチャン・ブエミ)

Season 3 Champion:Lucas di Grassi (ルーカス・ディ・グラッシ)

Season 4 Champion:Jean-Eric Vergne (ジャン・エリック・ベルニュ)

ベテラン勢も参戦開始!

2018/19シーズンのラインナップには、各カテゴリーで活躍した名ドライバーが数多く名を連ねる。フォーミュラ・ニッポンやスーパーGTで活躍したロッテラーや、元F1ドライバーの人気者マッサ、ドイツツーリングカー選手権のチャンピオンであるパフェットなど、錚錚たる顔ぶれが参加する。

Andre Lotterer (アンドレ・ロッテラー)/DSテチーターEチーム

スーパーGTでは、脇坂寿一とコンビを組んでチャンピオンに輝くなど、日本のレースファンにはお馴染みロッテラー。F1の経験もあるベテランだ。

Felipe Massa (フェリペ・マッサ)/ヴェンチュリ・フォーミュラEチーム

20歳でマクラーレンからF1デビュー、シューマッハと同時代にフェラーリのドライバーとしても活躍したマッサが、フォーミュラEにフル参戦だ。

 
 
Photograph:LAT/Formula E
Text:Yoshiro Yamada

NEWS of E MAGAZINE

ARCHIVES

RANKING

POPULAR TAG

NEWS

SEARCH