2019.04.11

大人の趣味の為のライフスタイルマガジン「IN THE LIFE(イン・ザ・ライフ)」

電動バイク用交換バッテリー開発に向け、国内バイクメーカーが手を取り合う

「PCX ELECTRIC」

 本田技研工業株式会社、ヤマハ発動機株式会社、スズキ株式会社、川崎重工業株式会社の4社が、日本国内における電動バイクの普及を目指して「電動二輪車用交換式バッテリーコンソーシアム(以下、コンソーシアム)」を創設し、協働することが発表された。

 環境にやさしく利便性の高いモビリティとして、電動バイクの普及を業界全体で目指しており、普及させるためには航続距離の延長や充電時間の短縮、車両開発、インフラ整備のコストなどが現状での課題となっている。これらの課題を乗り越えるために、様々な取り組みがされているが、その方法のひとつとして今回のコンソーシアムが動き出すことになり、4メーカーが共通利用可能な、交換式バッテリーとその交換システムの開発を目指すものとなっている。

 これまでは各メーカーが、それぞれにEVバイクの開発を続けてきており、スズキでは「eレッツ(生産終了)」、ヤマハは「E-Vino」を販売、そしてホンダは「PCX ELECTRIC」を発表して法人向けのリース販売を開始している。その一方で海外から輸入販売される電動バイクも年々増えてきており、メーカー同士が力を合わせることで、それらに対抗するという思惑も垣間見える。

 そしてコンソーシアムの代表幹事である、本田技研工業株式会社 常務執行役員 二輪事業本部長 安部典明氏は、こうコメントする。

 「電動二輪車の普及には、航続距離や充電時間等の課題解決が必要であり、交換式バッテリーは有効な解決策といえます。お客様の使い勝手を考慮すると、交換式バッテリーの標準化や交換システムの普及が不可欠と考えています。このコンソーシアムにおいて、まずは国内二輪4社で協働検討をすすめるとともに、この考えにより多くの方々に共感いただくことで、電動二輪車の利用環境が改善され、お客様の利便性を向上させる一助となればと思っています」

 バイクは自動車に比べバッテリー搭載スペースが狭いだけに、コンパクトかつ強力な交換式バッテリーの開発に期待したい。

ホンダのPCX ELECTRICに搭載される交換式バッテリー「モバイルパワーパック」。ひとつにつき48Vの電圧を備え、2個直列接続することで96Vとなるシステムだ。ヤマハも電動アシスト自転車PASの開発で培った経験を持ち、業界全体が協力し合うことで生まれるシナジーに期待がかかる。

NEWS of E MAGAZINE

ARCHIVES

RANKING

POPULAR TAG

NEWS

SEARCH