2019.04.19

大人の趣味の為のライフスタイルマガジン「IN THE LIFE(イン・ザ・ライフ)」

今のぼくらの選択肢! 「日本で買える電気自動車図鑑」

日本で電気自動車が今ひとつ普及しない最大の理由は、普通に買える電気自動車の選択肢がまだ少ないからといえる。とはいえ、アメリカのテスラやBMWなど欧州メーカーの参戦で、ぼくらの選択肢は増えつつもある。まずは自動車評論家にして、EVドライブの達人である石井昌道氏のインプレッションから紹介しよう!

1:航続距離が伸びて オートパイロットも搭載!「日産 LEAF」

 デザインの好き嫌いが分かれた初代に比べると、万人受けするようになった2代目リーフ。モーターの性能が高まり、パフォーマンスにはまったく不満がない。「ノートe-POWER」で好評だった「e-Pedal」は最大減速G が0.15から0.2 まで高められて、さらに興味深いものとなったが、ガクンと減速する感覚が強いのが気にかかる。制御の問題なので、知らぬうちに修正されそうではある。シャシーは先代からのキャリーオーバーで進化していないが、乗り心地はまずまず。

 旧型リーフから乗り換えて「ほとんど急速充電を使わなくなった」というユーザーもいる。出力特性までスポーティにチューンしたNISMO仕様もラインナップ。

2:電池容量が増えて実用性アップ!「日産 e-NV200」

 初代リーフのコンポーネントを用いたワンボックス型商用車。当初はバッテリー容量が24kWhで航続距離は190km(JC08モード)だったが、現在は40kWhの300kmになった。ほとんどのEVに共通する低重心感やトルクフルな走りは、背が高く重い荷物を積むことが多いこのモデルでは恩恵が大きい。

 街中での配送が多く、充電設備も整っていれば使い勝手はいいだろう。ただし、ガソリン車と約200万円の価格差を燃料コスト差で埋めるのはまだ大変。

 車両から直接電気(最大1,500W)を取り出せるパワープラグを標準装備。従来の5年10万kmから8年16万kmにバッテリーの保証期間が延長された。

3:軽自動車から「登録車」に格上げ!「三菱自動車 i-MiEV」

 本格的量産車初のEVであるi-MiEVは後輪駆動であることが特徴の一つ。前部にエンジンがなく前後重量配分が均等に近くなるEVでは、フロントタイヤのトラクションが不足するので後輪駆動が増える傾向にあり、フォルクスワーゲンiDシリーズも追従する。

 乗ってみてもモーターの強力なトルクで後ろから蹴り出される感覚が気持ちがいい。ただし、回生をあまり強くできないのが悩みの一つであり、前後モーターの4WDが理想的ではあるがコストはかかる。

4:新車 EVで最安。キビキビ走れる商用車「三菱自動車 MINICAB MiEV」

 軽商用車のEVは一つの理想的なカタチかもしれない。e-NV200同様、EVの走行特性がメリットとして表れるからだ。しかも走行距離はたいして延びないはずなのでバッテリー容量はさほど必要とせず、ガソリンスタンドが激減している地域で活躍する場面も多いだろう。乗ってみると軽商用車から想像される騒がしさと無縁で走りもいい。

 航続距離100kmの仕様なら176万9,040円。もう少しコストダウンが進んでくれれば購入を検討する人も増えそうだ。中古車であれば50~ 90万円程度が相場で狙い目。EVの中古車は電池劣化が不安だが、このクルマの10.5kW仕様が搭載する東芝SCiBは劣化が少ない電池でもある。

5:世界に衝撃を与えた 高級車市場の革命児!「TESLA MODEL S」

 ロータスベースのロードスターで経験を積んだ後に、オリジナルの量産EVとして登場したモデルS。パソコン用電池の「18650」を大量に搭載して、航続距離500kmオーバーを早々と達成。スーパースポーツも真っ青の加速性能に、未来感あふれるインテリアや使い勝手など、何かと話題の多いモデルだ。

 車格を考えれば、同レベルのエンジン車に対してそれほど高価ではない。現状では高級車のほうがEVとエンジン車の価格差を埋めやすいということでもある。

 自動運転などクルマ内部のソフトウェアが通信によって自動アップデートされる機構が画期的。さまざまな操作を大画面のタッチパネルで行うことも斬新だった。

6:圧倒的なパワーを誇る遊び心満点のSUV「TESLA MODEL X」

 モデルSの後にSUVバージョンとして登場したモデルX。セダンよりも大きく重くなるので、速さや航続距離は少し落ちるが、それでもスーパーな性能を誇る。リアのファルコンウイングドアはガルウイングよりも関節が多く、横方向に狭い場所でも巧みな動きで開閉を可能にしている。エンターテイメント性だけではなく、実用性も考えられているのだ。モデルSも含め、本当にユーザーに欲しいと思わせるという意味ではEV随一。フォロワーが現れそうだ。

 音楽に合わせてファルコンウイングドアが自動で開閉したり、ヘッドライト、ウインカーなどが点滅する隠しコマンド「Model Xmas Show」も搭載している。

7:クルマとしての完成度の高さが魅力!「フォルクスワーゲン e-GOLF」

 ゴルフ自体が優秀なクルマなので、EVになっても上手にまとまっている。性能はリーフに近いが価格はちょっと高い。だがこれはまだ
テストケース的なモデルであり、フォルクスワーゲンは2020 年からEV専用プラットフォームの「MEB」による「iDシリーズ」で本格普及を目指すことになる。WLTPモードの航続距離は現在のe ゴルフが231kmだが、同クラスサイズのiDは330kmと550kmのバージョンを用意。量産体制も整え、本気で世界をリードする計画だ。

 インテリアやメーターパネルなどにもEVであることを主張するパーツや表示は控えめ。EVを運転していることすら忘れそうな完成度の
高い乗り心地が魅力だ。

8:EV専用シャシーなど独自のアイデア満載!「BMW i3」

 日産と三菱に次いでいち早く量産EVに着手し、しかも軽量化や生産も含めたCO2フリーへの取り組みで本気度をみせたBMW。
 
 アルミ合金製シャシーとカーボンのパッセンジャーセルによって、車両重量は約1,300kgと軽く、電気モーター、リア駆動という組み合わせによってゼロスタートは強烈に速い。ワンペダルドライブは楽しくて、ペダル踏み替えの頻度を減らす効果もあるが、なじめない人もいるので「オフ」スイッチが欲しいところではある。

 発電専用エンジン(647cc)を搭載したレンジエクステンダー。空気抵抗を減らす幅の細い専用タイヤなど独自の提案がいっぱい。0-100km/hが7.3秒という加速性能は、スポーツカー級。

Impression Text:Masamichi Ishii
 
 
媒体:『E MAGAZINE』 Vol.1

NEWS of E MAGAZINE

ARCHIVES

RANKING

POPULAR TAG

NEWS

SEARCH