2019.06.26

大人の趣味の為のライフスタイルマガジン「IN THE LIFE(イン・ザ・ライフ)」

ジャガー、新コースでダブルポイント獲得の快挙! Formula E@スイス

 「ABB FIA フォーミュラE選手権 2018/2019シーズン」の第11戦が、スイス・ベルンで開催され、パナソニック・ジャガー・レーシングのミッチ・エバンスは2位、アレックス・リンは7位でフィニッシュし、チームはダブルポイントを獲得した。

 ミッチ・エバンスはグループ・クオリファイ・セッションで最速タイムを叩き出し、スーパーポール・シュートアウト・セッションに進出。結果2番グリッドを獲得し、アレックス・リンも10番グリッドスタートとなり、両ドライバーが10位圏内に入るという好調な滑り出しを見せた。

 続く決勝レースでは、スタートからわずか54秒で発生した追突事故によりレッドフラッグが出され、レースは一時中断。その後、ミッチ・エバンスは2位から、アレックス・リンは9位のポジションから、レースを再開させた。両ドライバーは果敢に攻めてオーバーテイクを試みたが、幅の狭いサーキットに拒まれ、なかなか順位を上げられない。

 ミッチ・エバンスはレース中、先頭のジャン-エリック・ヴェルニュ(DSテチータ・フォーミュラEチーム)にプレッシャーをかけ続けたが終盤に降り始めた雨も影響したか、2位でのフィニッシュとなった。一方アレックス・リンは7位に追い上げてのフィニッシュ、今シーズン途中でチームに参戦して以来、最高の結果を残した。

 ミッチ・エバンスはドライバーズ・ランキングで3位に位置し、来月にニューヨークで開催される最終レースの結果次第で、総合優勝を狙える位置につけており、パナソニック・ジャガー・レーシングは7月13,14日(土,日。現地時間)、2戦連続で開催される第12,13戦に向けて準備を進めている。

今回のレーストラックは幅が狭く、オーバーテイクが難しいチャレンジングなレーストラックを、2人のドライバーは健闘した。

スイス e-Prixは、今シーズンの最後から3番めのレース。このレースを終えると、次回と次次回は連続してニューヨークでの決戦へ。ここで好成績を残すことで、残り2戦への弾みがついたはずだ。

 
 
協力:ジャガー・ランドローバー・ジャパン
媒体:『E MAGAZINE』 Vol.2

NEWS of E MAGAZINE

ARCHIVES

RANKING

POPULAR TAG

NEWS

SEARCH