2019.07.19

大人の趣味の為のライフスタイルマガジン「IN THE LIFE(イン・ザ・ライフ)」

トヨタ、東京2020五輪を大会専用開発モビリティ「APM」でサポート。

 2020年東京オリンピックまで、いよいよあと1年。7月18日(木)、トヨタ自動車株式会社は、オリンピックおよびパラリンピックのワールドワイドパートナーとして、大会をサポートする専用モビリティであるEV「APM(Accessible People Mover)」を開発したことを発表した。

 トヨタは大会を通じて「すべての人に移動の自由を(Mobility for All)」、提供することにチャレンジしており、「APM」ではこのコンセプトを最大限に織り込んで、大会関係者や選手のほか、高齢者や身体の不自由な方や妊娠中や乳幼児連れの観客など、アクセシビリティに配慮が必要な様々な来場者に対してラストワンマイルのソリューションを提供し、より多くの方が快適に競技会場に足を運べるようサポートするとしている。

 また一部車両は、夏季の大会における会場内の救護活動にも利用予定で、大会期間中は約200台の「APM」が競技会場、選手村など、さまざまな大会施設内で来場者・大会関係者の移動をサポートするという。

 

車いすの方や、なかなか足が上がりづらい高齢者の方でも乗降に不安のない造りになっている。

 特徴としては、

 ・広大なオリンピック会場敷地内での輸送に適した短距離・低速型であること
 ・3列シートの構成で、1列目=運転席、2列目=3人掛け、3列目=2人掛けの計6人定員
  (車いす利用時には、2列目の折り畳みが可能)
 ・運転席を高位置のセンターに設けることで、乗客を見渡せて乗降サポートしやすくし、安全性に配慮した設計
 ・乗客席は両側からのアクセスが可能で、乗降補助バーを設置。車いす用のスロープや固定用ベルトも搭載、
  車いすの方を含めた乗降のしやすさに考慮

が挙げられるという。最高時速は19km/h、航続距離は100km。また、2,3列目の半面にストレッチャーがそのまま搭載できる「救護仕様」車も制作するという。

 五輪でのこの「APM」の活躍を目の当たりにすることで、EVや自動運転への理解と普及が進むことを信じたい。

トヨタが2018年のCESで発表していた、多目的に活用できるモビリティサービス「MaaS」専用次世代EVの「e-Palette Concept」。自動運転レベルはレベル4だという。

 
 
協力:トヨタ自動車
媒体:『E MAGAZINE』 Vol.2

NEWS of E MAGAZINE

ARCHIVES

RANKING

POPULAR TAG

NEWS

SEARCH