2019.08.02

大人の趣味の為のライフスタイルマガジン「IN THE LIFE(イン・ザ・ライフ)」

ジョン・オーツのプライベートマシン。「EMORY SPECIAL & ...

累計セールス4千万枚以上、"Rich Girl" "Kiss on My List" "Maneater" そして "Out of Touch"など、全米ビルボードHot 100チャートトップ10入り16曲(うち1位は6曲)。ビルボード・マガジンから世界最高のデュオグループと称される「Daryl Hall & John Oates」のJohn Oatesがドライブするのは、アウトローなポルシェ356だ。

 1972年のレコードデビュー以来、15回の来日公演を果たし、今でも高い人気を誇るアメリカのポップ・ロック・デュオグループ「Daryl Hall & John Oates」。現車はその一人である米ロック界のレジェンド、John OatesがEmoryにオーダーした1960年型ポルシェ356Emoryスペシャル"John Oates"エディションだ。

 Johnは無類のクラシックカー好事家としても知られており、彼のインスタグラムでは時折クラシック・ポルシェを見かけることができる。そんなJohnがオーダーしたスペシャルな車両は、1960年モデルの356Bカブリオレをベースにmoryが手がけた最新の1台だ。

 グラファイト・グレーメタリックで仕上げられたエクステリアは、灯火類以外のクローム、モールディング類は全て取り払われ、ウィンドウトリムもブラックアウト。デタッチャブル・ハードトップはEmoryが製作したオリジナルだ。インテリアはクラシカルな356オリジナルを重視しながら、シートはスピードスター用に交換。

 エンジンは356用の空冷4気筒ベースのカスタムではなく、2.4リッター4 気筒のEmory-Rothsport "Outlaw-4"が搭載される。このユニットは簡単に言い表せば964世代の3.6リッター、空冷6気筒エンジンの2気筒分をカットしたもの。といっても、実際にカットしたのではなく、エンジンケースやクランク、カムシャフトなどは、Emoryによって製作。シリンダー&ピストン、コンロッドやヘッドなどは964用のOEMパーツが多用されている。

 やろうと思えば6気筒ユニットの搭載も可能なはずだが、ポルシェのオリジンは空冷フラット4。そう考えるEmoryは4気筒エンジンに拘り、究極の4気筒ユニットを自ら製作しているのだ。

 200馬力を発生するOutlaw-4ユニットを受け止めるリアサスペンションは901世代のIRSをベースにトレーリングアームをナロード。さらに後年911モデル用の901アルミケースの5速トランスミッションに換装されている。
 

「Emory Motorsports」がオリジナルで製作したロールバーはデタッチャブル・トップを取り外した際のスタイルも考慮して、取り外しも可能だ。

 
 
Text : Shin Watanabe
取材協力:https://www.emorymotorsports.com/
媒体:『VINTAGE LIFE』 Vol.21

NEWS of VINTAGE LIFE

ARCHIVES

RANKING

POPULAR TAG

NEWS

SEARCH