2019.08.19

大人の趣味の為のライフスタイルマガジン「IN THE LIFE(イン・ザ・ライフ)」

オレンジ・カウンティ、4気筒ポルシェの聖地。「EUROPEAN COLLECTI...

 ロサンゼルス国際空港(LAX)からインターステイト・ハイウェイ405号を1時間ほど南へクールズして、オレンジ・カウンティ、コスタメサを目指す。ここはアメリカ国内の平均収入および資産が全米有数の高水準であるニューポートビーチやラグナビーチなど、富裕層に人気のエリアからも程近いこともあり、ラグジュアリーカーやクラシックカーを取り扱う専門店も数多く点在している。

 その中でも「ヨーロピアン・コレクタブルズ」は、地元のポルシェ・エンスージャストはもちろんであるが、世界中のクラシック&ヴィンテージ・ポルシェファン達からも名が知れた老舗のスペシャルショップだ。356、アーリーモデル911、912などのクラシックポルシェを中心にConsignment(委託)車両販売を行うショップとしてNick Clemence氏が1986年にここオレンジ・カウンティ、コスタメサで創業。当時は日本やヨーロッパ向けへのクラシックカー輸出がビジネスのメインであった。

 ニュージーランド生まれのNickは、小さい頃から空冷モデルのポルシェとフォルクスワーゲンに魅せられ、若い頃は自宅のガレージでッ数々のVWのエンジンをリビルトやレストアをしていたそうだ。 いつかはクラシックカーのレストアを生業にしたいと考えていたNickは、1990年代にレストレーション部門を立ち上げることになる。アメリカでのレストアはボディ、メカニカル、電装系、そしてインテリアなどを各専門業者が担う分業体制、つまりアウトソーシングが一般的だが、ここ「ヨーロピアン・コレクタブルズ」にはボディショップ、ペイントブース、マシーンショップ、パーツショップなどが整う、数少ないワンストップレストレーションショップとしても知られている。
 
 

1973 Dino 246 GTS:
ヨーロピアン・コレクタブルズの在庫車はクラシックポルシェがメインディッシュであるが、クラシック・イタリアン・スーパーカー、ブリティッシュ、メルセデスやBMWなども頻繁に入庫している。さすがアメリカ有数の高級エリアに近いこともあり、上物の個体はすぐにSoldとなってしまうそうだ。

1965 Porsche 356SC:
やはりドライバビリティでは圧倒的な完成度を誇る最終モデルの356SC。4輪ディスクブレーキも備わり、95馬力を発揮する1,582ccのフラット4ユニットは現在の交通事情でもストレスフリーでドライブを楽しむことができる。現車はメカニカル、内外装をオリジナルに忠実にレストアされた1台。新車当時からカリフォルニアで引き継がれてきた個体だ。

4気筒ポルシェの在庫数は随一

 「ヨーロピアン・コレクタブルズ」には正規ポルシェディーラーで長年空冷モデルを手がけてきたベテランメカニックや、クラシックカーエンジンを数多く手がけてきたマシーンショップ(内燃機加工)の熟練職人も在籍しており、日頃のメンテナンスからエンジンやトランスミッションのオーバーホールまで、様々なレベルの整備も請け負っている。今では地元のポルシェ・エンスージャストから厚い信頼を受けるショップとしても知れ渡ることになった。

 エンジンショップを覗いてみると、そこにはオーバーホール中のスパイダーや356カレラ用の4カム・フラット4ユニットが何機も並べられており、メカニック達の技量の高さを垣間見ることができる。奥のウェアハウスには膨大な純正パーツもストックされており、パーツの欠品でレストアが中断することが無いように、日頃からパーツの収集も怠らない。

 広大なショップの一番手前は在庫車のショールームスペースとなっている。常に20台以上のポルシェ356、911、912モデルも拝むことができる。そして運が良ければ4カムエンジンのカレラモデルや、ときにはレンシュポルトなどのレーシング・コンペティション・ポルシェがショールームを飾ることもあり、まるでミュージアムのような非現実的な光景に目を奪われるはずだ。

 「ヨーロピアン・コレクタブルズ」では、毎年3月にロサンゼルス、オレンジ・カウンティの至る所でイベントが開催されるSo-Calポルシェ・イベントウィークでオープンハウスを開催している。オープンハウス当日は地元のポルシェ・エンスージャスト達や様々なモデルのクラシック・ポルシェが集まる、ポルシェ・ファナティックには見逃すことのできないイベントだ。ロサンゼルスを訪れる機会があれば、是非ともチェックしてみたいところだ。
 
 

1961 Alfa Romeo Giulietta Sprint Speciale:
ベルトーネが手がけた美しいクーペボディのジュリエッタ・スプリント・スペシャルは2013年に日本から輸入され、フルレストレーションが施された1台。1,290cc DOHC 4気筒エンジンを搭載する。

1973 Porsche 911 Carrera RS:
歴代のポルシェ911シリーズの中でも、やはり最もスペシャルな1台に挙げられるのが1973年モデルのカレラRSではないだろうか。RSの生産台数1,580台の中で僅か60台のみに与えられたオリジナルカラーのバイパー・グリーンで美しくフルレストレーションが施された1台だ。

取材当日、「ヨーロピアン・コレクティブルズ」を案内してくれたセールス・マネージャー。

EUROPEAN COLLECTIBLES
 Address: 1665 Babcock Street, Costa Mesa, CA 92627
 Tel: 949-650-4718
 営業時間: 9am - 5pm Monday - Friday, 10am - 2pm Saturday
 http://www.europeancollectibles.com/
 
 
Text:Shin Watanabe
媒体:『VINTAGE LIFE』 Vol.21

NEWS of VINTAGE LIFE

ARCHIVES

RANKING

POPULAR TAG

NEWS

SEARCH