2019.08.27

大人の趣味の為のライフスタイルマガジン「IN THE LIFE(イン・ザ・ライフ)」

薪ストーブのある家⑥「心地いい木の家に、大好きなものを散りばめて」

玄関からダイニングの一部まで靴で入れるよう、土間を設けてペレットストーブを配置。

 震災を経験し、地球環境や次世代のことを考えた家にしたかったという小山さん。地元の住宅メーカー『建築工房 零』で建てたこの家は、国産無垢材をふんだんに使用し、光と風、炎のぬくもりを感じられる、心地よい木の家です。奥さまの要望に応え、小上がりの和室のある1階から2階まで寝室以外はオープンな間取りに。インテリアは日本、アメリカ、ヨーロッパの古いものを中心にミックス。

ダイニングの一部が吹き抜けに。タイの少数民族が手編みする「ムラブリ ハンモック」を付けました。

ドイツのビンテージ照明。手前は、1950~ 70年代の旧西ドイツの陶磁器「FATLAVA」。

リビングはエレクトロボイスのスピーカーを中心にアメリカンテイストに。

ウッドデッキ用に購入したという北欧ブランド、エコファーンのチェアとオットマン。

●家族構成/夫婦
●居住年数/ 8カ月
●広さ・間取り/ 132㎡の2LDK
●好きなブランドor デザイナー/デビッド・ウェイドマン
●よく買い物するお店/ 3DAYS SCANDINAVIA、3DAYS、3DAYS GRUNGE
●つい購入してしまうもの/なし
●次に欲しいもの/ FAT LAVA の陶器(大きいものを傘立てとして使いたい)、デビッド・ウェイドマンの絵
 
 
協力:3DAYS Scandinavia
媒体:北欧テイストで楽しむ100人の家づくり

NEWS of IN THE LIFE

ARCHIVES

RANKING

POPULAR TAG

NEWS

SEARCH