2019.09.05

大人の趣味の為のライフスタイルマガジン「IN THE LIFE(イン・ザ・ライフ)」

世の中にはこんな駐車場があるんだ……。「キセキの仰天駐車場大賞 2019」結果発...

 三協立山株式会社(本社:富山県高岡市早川70、代表取締役:山下清胤)・三協アルミ社(社長:中野敬司)では、"新・空間自由形"カーポート「U.スタイルアゼスト」の発売に合わせ、あっと驚くような珍しい駐車スペースを写真で募集するコンテスト「キセキの仰天駐車場大賞2019」を開催、今回この受賞作品が決定した。

 「キセキの仰天駐車場大賞2019」は、国内の自家用駐車場を対象に停めづらい狭小・変形駐車場や画期的な方法で停める優れた駐車場、見た目が変わっている駐車場などの写真を募集し、インパクトのあった上位作品を「キセキの仰天駐車場」として表彰するコンテスト。2019年2月26日(火)~6月30日(日)の募集期間中に全国から約50作品の応募があったという。

 厳正なる審査の結果、大賞2作品、優秀賞4作品、特別賞5作品が決定。大賞10万円、優秀賞5万円、特別賞2万円の賞金が贈呈された。
 
 

大賞①:「宮大工の祖父が作った駐車場」(宮崎県・TAKASHIさん)
 【エピソード】
 宮大工で天国へいった祖父が作ったものです。車庫に用いていますが、9月の台風ではだいぶ被害が出て祖父の弟子が補修してくれました。
 【講評】
 木と木を組んで作られた屋根は、宮大工ならではの工法。宮大工にしか作れないあっぱれ仰天駐車場。この貴重な駐車場をお弟子さんと共に大切にして欲しい。

大賞②:「全従業員分のカーポート」(新潟県・澤ちゃんさん)
 【エピソード】
 私の会社には全従業員分のカーポートが設置されています。その数なんと100台以上。会社の敷地の至る所にカーポートがあり、その光景はまさにキセキ。降雪時の車の雪かきや真夏時の直射日光を避ける事ができ、出社・退社時の駐車は快適でスムーズ! 車の乗り降りに配慮して柱ガードまで付いています!
 【講評】
 カーポートの設置数の多さに仰天。その光景には目を見張るものがある。従業員目線の会社の姿勢に感心。メーカーも驚きのあっぱれ仰天駐車場。

 
 
審査結果はホームページやSNSからもチェックできる。
 セキの仰天駐車場大賞2019 公式サイト

NEWS of GarageLife

ARCHIVES

RANKING

POPULAR TAG

NEWS

SEARCH