2019.09.11

大人の趣味の為のライフスタイルマガジン「IN THE LIFE(イン・ザ・ライフ)」

彗星のように産声を上げた、EVトラック専門ブランド。「NIKOLA」

 現在の我々の日常生活において、とても重要な存在となっている"物流"。場所によってはネットでオーダーしたものは翌日に届くし、市場には採れたての新鮮な野菜や果物、魚介類が並ぶ。これはひとえに物流業界の高効率化がもたらしたものにほかならない。その物流を支えているのは大型トラックだといっても過言ではない(もちろんドライバーも重要なのだが、それに関しては後述する)。

 夜中の高速道路を使えば、どれほどのトラックが活躍しているかは理解いただけるであろう。そして現在、使われているトラックの多くに、ディーゼルエンジンが使われている。ディーゼルエンジンのメリットとしては、低回転から大きなトルクが発生させられること、ガソリン車と比べて燃費が良く、燃料代も安いことが挙げられるが、一方でNOxの排出量が多く、環境保全面で見ても良くはない。

 少し前まではクリーンディーゼルモデルがもてはやされたが、欧州ブランドの不祥事発覚が相次ぎ報道され、今では委縮している状況だ。そのような中で現れたのがEVトラック専門ブランド、NIKOLA MOTOR COMPANY(以下:ニコラ)である。

 ニコラは2014年、アリゾナ州フェニックスにて産声を上げた。まずはプロトタイプである「ニコラ・ゼロ」を発表し、斬新なデザインそして高効率なパワートレーンで注目を浴びた。続いて発表したのが、2019年の市販化を目指している「ニコラ・ワン」だ。水素燃料電池車(FCV)とされ、ボッシュと共同で開発したeAxleというパワートレーンを搭載し、最大出力は1,000hpを超え、最大トルクは276kgmともいわれている。アメリカやカナダでは、水素製造プラント及び水素ステーションの拠点開発などインフラ整備も並行して進められている。

 さらに昨年は、米国のビールメーカー、アンハイザー・ブッシュ社が800台をオーダーしたと報道された。

 そして先日、次期モデルとされる「ニコラ・ツー」と「ニコラ・トレ」が、2019年4月16,17日にアリゾナ州スコッツデールにて開かれるイベント、「ニコラ・ワールド」においてお披露目すると発表された。両モデルともFCVとB-EVの設定を用意するとされている。FCVの場合は短時間での燃料補充や、乾燥重量を下げることが可能だ。一方でB-EVに対するインフラ整備が進んでおり、現時点での利便性はより高いといえよう。

 つまり、これはどちらが良いという問題ではなく、選択できる幅が広がったと考えたほうがいいだろう。ニコラ・ツーはニコラ・ワンと同等のスペックでありながらデザインをショートキャブへと変更し価格を下げてくる予定で、もう一台のニコラ・トレはEUの基準に準拠したキャブオーバースタイルとされている。

 トラック製造を取り巻く環境は大きな転換期を迎えており、テスラのセミ(ニコラ・ワンの設計において特許侵害をしているとして訴訟を起こした)や、フォードのFヴィジョン、ThorのETワン、そして国内ブランドではトヨタも燃料電池トラック、三菱ふそうもEVのeキャンターなど、次々と開発、発表を行っている。

 物流にはドライバーの存在が重要だと先述したが、ニコラのトラックは自動運転レベル5に対応できるように設計されているので、将来的にはドライバーの負担もかなり軽減するものと考えられる。

NIKOLA TWO:
ニコラが発売する2台目のトラックとなるニコラ・ツーは、FCVとB-EVが用意されると公言している。詳しいことは4月にアリゾナ州で開かれるニコラ・ワールドにおいて正式発表されることになっている。
 
モーター最高出力/1,000hp以上  航続距離/500~1,000マイル
バッテリー容量/240~320kWh  0-60mph加速/―  価格/―  発売時期/2023年

NIKOLA TRE:
EUの規格に合わせた仕様で登場するニコラ・トレ。ニコラはノルウェーのNel社と手を組み水素燃料事業を行っており、ヨーロッパにおいても水素ステーションの設置など、インフラ整備が進められると思われる。
 
モーター最高出力/500~1,000hp  航続距離/500~1,200km
バッテリー容量/―  0-60mph加速/―  価格/―  発売時期/2023年

NIKOLA NZT:
ニコラが手掛けているのはトラックにとどまらない。ニコラ・NZTはパワフルな4シーターB-EVバギーだ。独自のフレームや足回りを使用することで、厳しい条件下においても秀でた能力を発揮する。サンドスポーツスーパーショーにおいて披露されたデモランの動画は、HPで見ることができる。
 
モーター最高出力/266~590hp  航続距離/90~150マイル  バッテリー容量/75~125kWh
0-60mph加速/3.5秒  価格/28,900ドル  発売時期/2019年

NIKOLA
https://nikolamotor.com/
 
 
媒体:『E MAGAZINE』 Vol.2

NEWS of E MAGAZINE

ARCHIVES

RANKING

POPULAR TAG

NEWS

SEARCH