2019.11.08

大人の趣味の為のライフスタイルマガジン「IN THE LIFE(イン・ザ・ライフ)」

「たまぽち、ときどき、 サブロー +うずら日記」その10

人間観察を欠かさないたま子、たま子とぽち男の真似をするうずら、家人の帰りを待つぽち男。三匹三様のルーティンワークは、佐藤家の日々の癒しとなっています。

 我が家のねこ達には、毎日繰り返すルーティンワークがあります。雌ねこのたま子は、毎朝洗面所へやって来てはジーっと人間の行動を観察。蛇口から出る水を飲んで、しばらくすると去っていきます。何でもたま子とぽち男の真似をするうずらは、その行動を見て同じように洗面所へ来るようになりました。身軽なうずらは洗面台に飛び乗り、とにかく撫でろと誘ってきます。こちらは歯を磨きながら、片手で頭から背中までを撫でてやると、ゴロゴロと満足げな様子。

 一方ぽち男は、朝の洗面台に興味はありません。ぽち男のルーティンワークは、仕事から帰ってくる家人を出迎えること。走って玄関まで迎えに来て、最後は何故かバタっと倒れます。その体を撫でると立ち去っていきます。

 ねこは箱や狭い場所などに入るのが好きですが、特にぽち男は箱や布団の隙間に入るのが好き。大きな体を小さな箱に無理やり押し込んで入っていきます。先日も箱を置いておいたら、そそくさと入っていき、いつの間にか態勢が変わっていて、まるで湯船に浸かっているようなリラックスした仕草。箱の隙間からモコモコの冬毛と贅肉が出ていてなんとも可愛らしい。

 たま子は窓から外を眺めるのも日課。我が家ではこの行為を警備と呼んでいます。外で物音がしようものなら、一目散にその音の鳴る方へチェックに行きます。ビビリのうずらは物音に敏感で、何か大きな音がすると一目散に逃げて行きます。そのくせ、スリリングなことが好きで、ベランダの細い手すりをスタスタと歩いて我々を驚かせたりします。

 そして、この寒い時期もたま子とうずらは、ベランダの陽のあたる場所で日向ぼっこをするのが大好き。陽の向きに合わせてちょっとずつ移動したりしています。

 最後に3匹共通するルーティンワークは、お風呂に入ること。お湯に浸かることはありませんが、温まった蓋の上でゴロゴロして、それぞれお湯を飲んで出ていきます。

 毎日同じ動きをしている彼らに、毎日同じように付き合っていますが、私も飽きることはありません。

日向ぼっこはたまらんにゃ~

このすっぽり感、たまらんわ

物音にビクビク

警備体制。

にゃんと! こんなところに 鳥っ!

 
 
媒体:『ねこ』 NO.105

NEWS of ねこ

ARCHIVES

RANKING

POPULAR TAG

NEWS

SEARCH