LIFE STYLE

2021.02.14

豪華! 「船」も「クルマ」もガレージに! 1932年製フォードとパワーボートを収めた水辺の家【ガレージライフ】

左に1932年製フォード、右にパワーボート。まるで海外のような風景が広がるH邸のファサード。ガレージ横にヤシの木が生育しているのが印象的だ。マルビ造園に依頼した。

ゴールドにペイントされた1932年式のフォードロードスターが収まるガレージハウスは、湖畔を望む別荘地に建てられた約200坪の敷地に建築されている。

クルマが収まるカレージの反対側にはパワーボート。

水辺にあるアメリカンハウス、シンボルツリーのフェニックスが植えられた空間は、まるで映画の1シーンのようだ。

H夫妻は、趣味であったジェットスキーやパワーボートを楽しむため、湖のほとりに家を建てることを決意。

パワーボートはもちろん、大切なクルマもガレージに入れタイトいう理想のガレージハウスを建築家『LOGRAF』の松田さんとプランニングしていったという。

【写真14枚】ホットロッドと船のガレージもあるアメリカンハウス!

部材は個人輸入で調達!

こだわりのフォードを入れるガレージということで、デザインの希望はアメリカンスタイル。

湖を眺めることができる最高のロケーションに、どうしたら思い描いていたガレージハウスを実現できるか、何回もパースを描いてもらいながら、納得するまで打ち合わせを繰り返したそうだ。

躯体は2×4木造の軸組工法で、壁面の石材やライトなどの部材はHさんが個人で手配したという。

ガレージ シャッターは『三和シャッター』製スチールをベースに『M&K KUSTOM』の小林さんによるピンストライプが入るほか、木製とアイアンによる観音開きのドアも特別にオーダー。

ガレージの床は住宅の床材を採用しているため、たまにクルマを出して雑巾がけをするなど、細かなメンテも欠かさない。

また、天井から吊るされたライトは船舶用となり、とても雰囲気があった。

オフシーズンは船もガレージに!

ガレージの反対側にはV8エンジンを搭載した24フィートのパワーボートが入るガレージ。

シーズンになるとマリーナで停泊となるが、オフシーズンはここがボートのガレージとなっている。

ほかにも、Hさんは’65年式マスタングなどクルマを多数所有しているが、アメリカの家のような大きなアプローチにそれらのクルマは駐車していた。

アメリカンデザインはガレージだけではなく、植えられたヤシの木や、 壁面、物置として使っている小屋などそのすべてにいたる。

日本のスワップミートで購入したというパーキングメーターや、スチールのサインなどがさらにその雰囲気を盛り上げていた。

母屋では、ログハウスのような天然木の空間に、グリーンをテーマカラーとしたドアやキッチン、ライトなどがじつにうまくレイアウトされていた。

リビング横に配置したバーベキュースペースもお気に入りで、シーズンになると毎週のように友人を招いてバーベキューパーティを開催しているということであった。

小松男

RECOMMENDED


RELATED

RANKING