LIFE STYLE

2021.03.03

【実例7選!】「メダカ」の「アクアテラリウム」に挑戦! 観葉植物と一緒に「メダカ飼育」を楽しもう!【アクアスタイル】

コロナ禍で、自宅で過ごすことが多くなった今、メダカや金魚、熱帯魚などの飼育をはじめる方が増えている。

ここでは、魚を水草などと一緒に水槽で楽しむ「アクアリウム」と陸上の動植物を透明な容器で楽しむ「テラリウム」をミックスした「アクアテラリウム」を紹介。

ちょっとした玄関先や、和室に似合う和モダンな水槽まで! 人気のメダカを観葉植物と一緒に楽しむ、テラリウムアレンジの実例から、自分好みのレイアウトを探して挑戦してみよう!

実例1:陸地と水中を再現! 俯瞰も楽しめるメダカリウム


テラリウム専用の水槽で飼育されている幹之メダカ。植物の栽培とともに楽しむスタイル。

幅45㎝のアクアテラリウム用水槽を用いたメダカリウムだ。

かたまり状の流木を使って高低差をつくり、水中と水上に植物を配置して、手前に広がるスペースにメダカを泳がせている。


水上部分にはドラセナをメインに植栽し、株元をマメヅタが覆うようにアレンジしている。

ドラセナやマメヅタは水に浸かりすぎない位置に配置するのが重要だ。

水草はミクロソリウム、アヌビアス・ナナ・プチ、ウォーターフェザーをチョイス。いずれも流木に活着させたものを利用した。


メダカの種類は高い人気を誇る幹之(みゆき)メダカをセレクト。

通常上見で観賞されることが多い品種だが、このスタイルでは上からも横からもその姿を楽しむことができる。繁殖を狙うなら明るい照明器具を使うか、自然光が入る場所で管理したい。


水中と陸地を同時に眺める。限られた空間のなかでも、奥行きのある風景を見せることができる。


実例2:絶妙な岩組みと水草配置が渋い!

30㎝キューブ水槽を使ったテラリウムスタイル。ひとつの山に見立てたレイアウトで見どころが多い。


和の風景を意識したメダカ・テラリウム。幅30㎝のキューブ水槽を利用して、水量を半分程度に抑えたテラリウムスタイルに。


水槽後方に富士溶岩石をうまく積み上げ、ソイルが流れ落ちないように土留めして陸地部分をつくっているのが特徴だ。

ソイルはマーフィードの「コントロソイル・ブラック」を使用。陸地部分はシンプルにホソバオキナゴケで覆うだけ。

ゴツゴツとした溶岩の岩肌が強調され、清々しい草原の風景を思わせる。

水中にはカボンバを植栽した。

四方に広がる葉の形状を松の木に見立て、草丈を短めにし、あえて規則的に並ばせて植え込んでいる。

これで山頂に草原が広がる山の風景ができあがり。

水槽レイアウトは自由な発想でつくることができる、よい見本といえるだろう。


魚は定番の人気種・楊貴妃を導入した。あざやかなオレンジ色はどんな水槽にもよく映える。

テラリウムスタイルでは、メダカを上からも観賞できる。カボンバはこまめにトリミングするとよい。

写真:佐々木浩之   文:平野 威 

RECOMMENDED


RELATED

RANKING