OUTDOOR

2018.08.17

米New England地方でアウトドア&クラシックな休日 vol.2

アメリカ人憧れのリゾート地Mt.ワシントンを遊びつくす

名峰マウントワシントン。ニューハンプシャー州の原風景を取り巻く環境には、クルージングにハイキング、歴史探訪、旅人を楽しませてくれる遊びがたくさん待ち構えている。


ニューハンプシャー州のマウントワシントン周辺エリアは遊びには事欠かない。山の麓のウィニペソーキー湖では昼夜でクルージングを行っており、穏やかな湖上で音楽と食事が楽しめる。周囲の街並は少し古い趣で、歩けばオールドスクールな空気を満喫できる。


オールドライクな街並みは、ファーストフード店やゲームセンターダイナーが並び、古いクルマがよく似合う。

 美しい山の周囲に商業施設や宿泊施設、アクティビティなどが豊富に揃う様は、日本で例えるとすれば富士山のようなモノだろうか。ただし、マウントワシントン周囲の遊べるスポットは、どこかしらクラシカルで、それでいて小粋だ。

 例えばクルージング。ニューハンプシャー州の湖水地方で最大の大きさを誇るウィニペソーキー湖では、昼夜でクルージングが行われている。雰囲気を楽しむならディナータイムに合わせて行きたい。どこかレトロ感がただよう船上でのディナークルーズは音楽のライブ演奏も料理も、そこにいる人々の様子も、肩肘張らずにちょうどいい。

 船内でビリージョエル扮する演奏家がピアノマンを弾き語りし、それに合わせてプレミアエイジの夫婦達が月を見ながら踊る。今宵は満月、そして船上バーティのタイトルは「フルムーン・クルーズ」。大人なニューイングランド流の楽しみと古きよきアメリカを満喫できる場所である。


ディナーはビュッフェ形式でいただく。音楽に耳を傾け、酒を傾けながら、ゆっくりと時間を過ごすにはちょうど良いのだ。


310 Mount Washington Hotel Rd, Bretton Woods, NH 03575
http://www.omnihotels.com/hotels/bretton-woods-mount-washington/

国際通貨基金の設立を決定づけた会議が開かれた、歴史深いホテル。「一度は泊まりたいホテル」とアメリカ国民に言わしめる名所だ。

世界最古のコグ鉄道で登るマウントワシントン


 日本には馴染みがないが、コグ鉄道と呼ばれる種類の登山鉄道がある。これは二枚の車輪の間、車体裏の中央に「コグ」という歯車状の部品を取り付け、急勾配の線路も滑らずに走行可能にした鉄道のこと。

 実は世界で初めてコグ鉄道が作られたのが、マウントワシントンで、建設が始まったのが1866年。当時から美しい景観で有名だったマウントワシントンに労せず登りたい(当時から自力で登る登山客も多かった)という貴族のニーズに答えて、シルベスター・マーシ氏が考案・設計した。

 車輛の改良はあったものの現在でも仕組みは変わらず、コグが線路と噛み合う感覚を車輛の揺れから感じることができる。自力のハイクもアウトドアらしい楽しみ方だが、州で最高峰の頂きに、かつての貴族気分で登るのもまた一興なのだ。


同エリア内でも特に観光客が多いのがこのコグ鉄道。駅舎の前には大型の駐車場も完備されていてアクセスも良好だ。

アパラチア山脈の自然に触れる


メイン州ではガイドが先行して山を案内するのが伝統的スタイル。州の認定も厳しく、認められた者だけがガイドになれる。

 アパラチア山脈はアラバマ州からニューイングランド地方を跨ぎ、カナダに至るまで続く大山脈。山脈沿いはまさに自然の楽園で、各地であらゆる姿を見せてくれる。そんなアパラチア山脈沿いの14の州、約3,500㎞にも渡る道のりを、生い茂る原生林やアートに囲まれた学園都市、様々な景色をスルーハイクする「アパラチアン・トレイル」はすべてのハイカーの憧れともなっている。

 アパラチアン・トレイルの一部、メイン州のグラフトンノッチ州立公園は所謂“公園的な公園”ではなく、山そのものが公園。山間部を走る道路脇の駐車場にクルマを停めると、すでにそこが公園のハイキングコースの入口になっていたりもする。

 一方ニューハンプシャー州では、初心者でも安心して歩ける遊歩道が整備されたフランコニア・ノッチ州立公園内のフルーム渓谷に足を運んで頂きたい。家族連れで森林浴をするにもぴったりの、観光地らしい公園だ。敷地内を巡る順路もきっちり決められており、各所に花や川、公園内にあるカバードブリッジ等の解説が設置されている。

 アパラチア山脈は各所で豊かな自然という恩恵を与えているが、それぞれの地域によってその姿やカタチは異なる。その違いこそがアパラチア山脈の最大の魅力であり、アパラチアン・トレイルに挑むハイカーの原動力にもなっているのだろう。


フルーム渓谷があるフランコニアノッチ州立公園(Franconia Notch State Park)は紅葉シーズンもおすすめ。

メイン・ニューハンプシャーのオススメ ホテル・レストラン

今回HUNT編集部が訪れたとっておきのレストランやホテルをご紹介。


SUNDAY RIVER RESORT/15 S Ridge Rd, Newry, ME 04261
http://www.sundayriver.com/
 
夏期にはプールやMTBでのダウンヒルなどのアクティビティを満喫できて、冬期にはゲレンデ併設のスノーリゾートへ姿を変えるリゾートホテル。山々を望む展望もひとしおだ。 


WOODSTOCK INN STATION & BREWERY/135 Main St, North Woodstock, NH 03262
http://woodstockinnnh.com/

かつての駅舎をブリュワリーとレストランへと改築。19種にも及ぶオリジナルのビールから5種を選ぶブリュワーサンプラーはマストで注文したい。肉料理もアメリカ規格。


ADAIR COUNTRY INN & RESTAURANT/80 Guider Ln, Bethlehem, NH 03574
http://www.adairinn.com/

シェアハウスのように複数の宿泊客がひとつの家の別々の部屋に宿泊する「イン」という形式のホテル。アットホームな空気が特徴で、他の宿泊客との交流も魅力のひとつ。


HANOVER INN/2 E Wheelock St, Hanover, NH 03755
http://www.hanoverinn.com/

ダートマスの中心にあるハノーバー・イン。ミュージアムへ直結していて、ホテルもアートで飾られる。ダートマス大学のカレッジセーターを模したベッドスローが印象的。

テキスト:Ryoma Watanabe
媒体:HUNT 10

陰山惣一

RECOMMENDED


RANKING